家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

サイダー

リンゴ味「バービカン」はイスラム教国のノンアルコールビール。

更新日:

Barbican

マレーシアなどイスラム圏では宗教上お酒が飲めないとなっていますが、夜になるとビールが飲みたくなってしまいます。

旅行でマレーシアに行ってホテルで、ゆっくりとビールを飲もうと思ったけど、近くのコンビニにはノンアルコールビールしかありません。
買ったのはバービカンと呼ばれるリンゴビール(シードル)でした。

日本のネット販売でも売ってないし、街の酒屋でも見たことがないので、マレーシアでしか飲むことができないビールかもしれません。

バービカン(Barbican)

Barbican2

ウェブでバービカンについて調べてみると(Wikiより)

バービカンとは、かつて日本で販売していたビールテイスト飲料(ビール風味の炭酸飲料)である。

日本で販売されていたビールテイストの飲み物だったんですね。
今回はリンゴ味を買ったけど、その他のフルーツフレーバーもあったからマレーシアでは人気があるんでしょう。いちおう原材料のところには麦の文字が入っていたからビールのひとつとして紹介をします。

ものすごくライトな小麦色

香り

りんごジュースの香りで、お酒の香りはまったくしない。

リンゴの炭酸ジュースです。
子供が好きそうな味をしていて喉が乾いていたこともあってゴクゴク飲めました。お酒の味なんてまったくしない。マジでジュースです。

価格

日本では販売していなそうです。
マレーシアで120円ほどで買えますが、意外と高いです。

さいごに

ノンアルコールってことはジュースと同じ分類になるとは理解しているけど、リンゴ味はジュース過ぎます。普通のリンゴの炭酸ジュースが半値で売っていたので、普通の炭酸ジュースで良かったです。

★☆☆☆☆:炭酸ジュースのほうがコスパ高い

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-サイダー
-, , ,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.