家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

「ゴーゴー」カンボジアで造ってタイで売られるホップ抜群のクラフトIPA

更新日:

beat brewing ago go

タイ国内のビール市場では新しいビールがなかなか販売されず、定番の商品でシェアを奪い合っています。

もうシンハーチャーンのどちらかの会社が販売しているビールが大半で、選択肢もプラスして海外の有名ビールであるハイネケンくらいでしょう。

そんなタイでは2年ほど前からクラフトビールブームに完璧に火が付いて様々なビールがタイで飲めるようになっています。またタイ国内でもクラフトビールを造る会社も現れています。

そして今回はタイの会社がカンボジアでビールを造って、タイに輸入しているクラフトビール会社であるビートブルーウィングのIPAを買ってみました。

カンボジアで造られているので、どうせ東南アジアによくありがちな薄いビールだろうと期待は小さくして飲もうと思っています。

参考ビート醸造所の公式サイトはこちらです(外部サイト・Facebookページ)

ビートブルーウィング ゴーゴー(Beat Brewing go go)

beat brewing ago go2

若者に受けそうなラベルに仕上がっています。すこし中途半端なデザインのような気もしますが。

レンガ色のボディにフワフワの泡が立ち上がり、美味しそうに見えるビールです

香り

ホップの香りが広がり、ビールをがぶ飲みしたい気持ちにさせてくれます。

ガブ飲みしたくなる苦味です。
東南アジアのよくある軽い口あたりですが、じんわりと広がるホップの苦味が、心地よくてガブ飲みしたくなるビールです。

価格

日本では販売がされていないようです(2017年12月時点)
タイのスーパーで350ミリのボトルが550円ほど。

さいごに

東南アジアのビールと思って飲んだので、思っていた以上にホップの旨味を楽しめるビールで満足でした。ただカンボジアのビールで500円以上払うのはコストパフォマンスが悪いと思ってしまいます。

★★★☆☆:東南アジアではなかなか美味しいIPA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.