家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

「黒ビール」とは何でしょう?黒ビールの真実について豆知識をまとめ

更新日:

black-beer

日本のビール会社も黒ビールを主力商品として定着が進んできていると感じます。日本の大手ビールメーカーが販売している黒ビール商品といえばキリン 一番搾り スタウトとアサヒのドライブラックが思い浮かびます。

キリン=スタウト
サヒ=黒ビール
どちらのビールも黒ビールですが、実は黒ビールっていう色のジャンルでは同じ商品ですが、スタウトという言葉を使うとビールの種類が違うのはご存知でしょうか。

キリンとアサヒは同じ黒ビールを発売していますが、製品としてはまったく違う物を発売しているんです。要するに黒ビール=スタウト。コレって解釈の仕方が実は少し違います。黒ビールは黒ビール、スタウトも黒ビール、間違ってはいないけど、解釈の仕方が少し違います。この違いを細かくマニアックに紹介します。

関連記事「キリン一番搾りスタウト」が海外スタウトへの挑戦状を叩きつけた!
関連記事キレキレの黒ビール「ドライブラック」は世界を動かせる黒ビールなのか。

黒ビールとは何なのか理解をしましょう。

まず「黒ビール」はによる分類です。Wikiでは次のように黒ビールの定義がされています。

黒ビール(くろビール)とは、黒色から濃褐色をしたビールを指す総称。

続いてスタウトタイプ(醸造方法)による分類です。

もうこの時点で、黒ビール=スタウトとうい解釈の仕方は違いますね。Wikiで記載があるスタウトの定義です。

、ビールのスタイルの一つで、黒くなるまでローストした大麦(モルトとは限らない)を使用し、上面発酵によって醸造されるものを指す。

日本では法律が絡んでします

日本のビールの法律で色による分類、ビールの表示などについて定めている「ビールの表示に関する公正競争規約」という次の法律があります。

日本においては、『ビールの表示に関する公正競争規約及び施行規則』で、「黒ビール及びブラックビール」を次のように定義している。
濃色の麦芽を原料の一部に用いた色の濃いビールでなければ、黒ビール又はブラックビールと表示してはならない。

色で分類するなら、スタウトは黒色だから「黒ビール」ってことです。誤解をしてほしくないのは、色による分類ではスタウトも黒ビールってことで良いということです。

醸造方法を理解する

ビールの醸造について考えてみるとキリンは”スタウト”、アサヒは黒生ビールの違いがはっきりわかります。ビールの醸造法はに大きく分けると3つに分類できます。上面発酵、下面発酵、自然発酵の3つです。

スタウトは3つの醸造方法のうち上面発酵になります。だからキリンのスタウトは上面発酵によって作られているビールってことになります。いっぽうのアサヒのスーパードライドライブラックは下面発酵のビールになります。

下面醗酵はラガービールで利用される醸造法となりますので、スタウトの醸造方法とは根本的にことなるのです。

さいごに

マニアックな豆知識ですが、要するに醸造方法は違うけど、黒ビールは黒ビールってことです。ビールは美味しく飲めれば問題ないですが、知識を持って飲むとさらにビールの楽しさが分かると思います。

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.