家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

サイダー

缶のデザインが超お洒落「ブラック・ラット」ドライでお薦めシードル

投稿日:

Pocket

black-rat

シードル(りんごサイダー)といえばアイルランドのマグナーズが有名なシードルとされていますが、世界中でシードルを探すと、かなりの種類のシードルがあります。

関連記事シードルと言えば間違いなくアイルランドの「マグナーズ」で決まり!

日本でもシードルを見かけることが増えてきているような気がしますが、まだまだシードルが日本市場に定着はしていないと思います。先行投資で私がガンガン飲んで紹介を続けたいと思います(笑)

black-rat2

今回はイギリスのモルスと呼ばれる醸造所で造られているシードル、ブラック・ラットを私の海外移住先のタイのスーパーで買ってみました。まだ飲んだことがないのですが、モルスはエールビールを中心に醸造しています。日本とタイでは見たことがないビールなので、アジアではレア物なのかもしれません。

参考ブラック・ラットの公式サイトはこちらです(外部サイト・英語版のみ)

ブラック ラット(Black Rat)

black-rat3

私が愛してやまない落書き家のバンクシーの絵を思わせるようなロゴが作られています。白と黒で表現されている缶がお洒落です。

ビールのような濃い黄金色のボディです。

香り

リンゴの香りというよりは安っぽいサワーのようなアルコール臭さを感じます。

うまい!!
かなりドライなシードルで甘さも控えめ。甘いシードルが苦手な人にもすすめることができます。定番のマグナーズよりもドライでサッパリです。女性にはもう少し甘みがあったほうが好まれるかもしれません。

ブラック・ラット以外のシードルたち
参考南アフリカのシードル「サバンナドライ」が暑い日に飲むと激美味い!
参考アイルランドのサイダー「ケプラーズ」はマグナーズに負けない美味さ

価格

東南アジアのスーパーで500ミリの缶が400円ほど。
日本では販売がされていないようです(2017年時点)

さいごに

ドライなシードルは私の好みです。甘いジュースのようなシードルが好みの人もいるでしょうが、ドライなシードルのほうが食前酒として楽しめるし、熱い日にはガブ飲みしたくなると思います。

★★★☆☆:ドライでサッパリ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

jakob-owens-209002.jpg 1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

IMG_20160326_170106.jpg 2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-サイダー
-, , ,

Copyright© 麦伝説 , 2017 All Rights Reserved.