家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

「ブレンド285」癖がなく、まともに飲めるタイウイスキーのひとつ

更新日:

Blend285

タイに海外移住をしてからウイスキーを飲む機会が減ってしまっていたけど、せっかくタイにいるのだからタイのウイスキーにも挑戦をし始めました。ここまで飲んだタイウイスキーは普通に飲める、または衝撃的なマズさだったと2極化しています。

今回はタイのスーパーでよく販売されているタイ国内では大手のドリンク会社タイ・ビバレッジのBLEND285を買ってみました。数字が意味するのは何なのか?

ウェブでブレンド285を検索してみたけど、情報はほとんどありません。世界的にもかなりマニアックなウイスキーでしょう。タイのウイスキーはブレンデットが基本です。何がブレンドされているか不明ですが公式サイトを見るとウイスキーになっていました。謎が多いウイスキー、それがタイウイスキーの特徴です(笑)

ブレンド285以外のタイ・ビバレッジのお酒
関連記事タイのウイスキー「ホン・トーン」が衝撃的な甘さでマズすぎ!
関連記事なぜ甘い?「サンソム」私の口には合わない代表的なタイ・ウイスキー
参考ブレンド285の公式サイトはこちらです(外部サイト・外国語版のみ)

ブレンド285(BLEND 285)

Blend2851

非常にダサいラベルになっています。285種類のブレンドがされているわけではなく、また285年の歴史があるわけでもありません。数字が何を意味するかまったく分かりません。

少し濃い目の黄金色のボディ。

香り

少し甘めのある香りが広がる。

おっ、意外にうまいぞ。
サッパリした味わいの中に少しスパイシーな旨味が広がります。今まで飲んだタイのウイスキーの中でも1番クセがなく、飲みやすいウイスキーです。めちゃくちゃ美味しいとは言えないものの、東南アジアに移住している期間は家に1本置いておいてもいいかもしれません。

価格

日本では販売がされていないようです(2017年時点)
東南アジアのスーパーで700ミリのボトルが900円ほど。

さいごに

タイで生産されているウイスキーは10本も種類がないと思いますが、すべてブレンデットタイプのウイスキーです。作物・水のレベル的にタイという国でウイスキー造りは難しいと思います。

★★☆☆☆:普通に飲めます

麦伝説 ウイスキー ランキング

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.