家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

「ブラッドライン・オレンジ」旨味が浅く物足りなさを感じるエール。

更新日:

bloodline orange ale

コミカルな犬のデザインラベルが特徴のアメリカ・クラフトビールであるフライングドッグ。今回はフライングドッグのシリーズのひとつであるブラッドライン・オレンジ・エールを買ってみました。

フルーツ系のエールビールに今まであまり縁がないので、特にクラフトビールで評価が高いビール会社が提供するのであれば期待が高まります。

私の海外移住先であるタイでも2017年にオレンジ系ラガーが販売されましたが微妙な味わいです。東南アジアの暑い気候に合わせたと言われると、「そうかもしれない・・」って答えてしまうかもしれませんが。

bloodline orange ale2

公式サイトを読むとホップを使ったエールビールの醸造工程の中で、オレンジピールとオレンジジュースが使われていました。

オレンジピールを使ったホワイトビールにハマっている時期がありましたが、エール系のビールでもオレンジピールがマッチするのか楽しみです。

ブラッドライン・オレンジ・エール以外のフライングドッグのビールたち
関連記事「ドッギー・スタイル」癖がないので誰もが楽しめるエール・ビール
参考フライングドッグの公式サイトはこちらです(外部サイト・英語版のみ)

ブラッドライン・オレンジ・エール(Bloodline Orange Ale)

bloodline orange ale3

フライングドッグの特徴であるコミカルな犬のロゴが強烈なインパクトを与えてくれるラベルです。今回は完璧ラベルで選びました(笑)

濃い黄金色のボディに粗目の泡が立ち上がります。

香り

ほんのりと柑橘系の香りが広がりますが、強いアロマではありません。

う~ん。
ビールの旨味をあまり感じません。口あたりはエールビールでホップの苦味が広がりますが味の深みがなく、アルコール臭さをほんのりと感じるスパイシーなビールです。

価格

日本では販売がされていないようです(2017年時点)
海外のスーパーで350ミリのボトルが700円ほど。

さいごに

アルコール度数が7%で少し強いので、アルコール臭さを感じるのは仕方ないのかもしれませんが、ビールのコクがないのは残念です。ラベルの印象が強いのでインテリアとしては満足度が高いかもしれませんが、ビールとしては△です。

★★☆☆☆:ビールの旨味感じず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.