家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

珍獣をモチーフにした「ブーント」がキレ抜群のアメリカンビール。

更新日:

Boont

アメリカのビールラベルで、トナカイなのか角が生えた熊なのか、ちょっとした珍獣がラベルになっているビールがあります。今回は、カリフォルニアに拠点があるAnderson Valley Brewing (アンダーソンバレー・ブリューイング)と呼ばれる醸造所で造られたブーント・アンバーエールです。これを私はかってに珍獣シリーズと名付けることにしました。(ラベルだけの判断です)

ブーント(Boont)の意味を調べてみましたが、該当する英単語がありません。どんな意味なんでしょうか?商品名からは想像ができないビールになっています。

ブーント・アンバーエール以外のアンダーソンビールたち
関連記事黒ビールが苦手な人へ「サマー・ソルティス」黒へ挑戦する初めの1歩
関連記事ホップの苦味が香る「ポレコ・ペールエール」美味いアメリカンビール
参考ブーント・アンバーエールの公式サイトはこちらです。(外部サイト・英語版のみ)

ブーント・アンバーエール(Boont Amber Ale)

Boont1

アンダーソンビールでは”珍獣”を使ったラベルはまったく同じで、タイトルだけを変えています。よく見ないと間違えて購入してしまいそうです。勝手なイメージですが、アメリカっぽい雑な感じですね。

レンガ色のボディーに荒い泡が立ち上がります。シルエットはハーフアンドハーフ、私の好みには合わないかも・・・

香り

ほんのりとホップの心地よい香りが広がります。

かなりサッパリしたアンバービールだっ。
日本のアサヒがアンバービールを作ったかのようなキレ味があります。少し中途半端な感じもしますが暑い国で飲むにはサッパリしていて心地よく飲めるビールです。

ブーントン以外のアンバー系のビールたち
参考モレッティにはハズレ無し!「ラ・ロッサ」が最高のアンバー系ビール
参考検証!メキシコ黒ビール「ドスエキスアンバー」はタコスに合うのか?

価格

海外のスーパーで、日本円で620円ほど。
日本では販売がされていません(2016年時点)

さいごに

暑い国で飲むには最適なアンバービールでした。最近、気づきましたが私はあまりアンバー系が好きではないかもしれません。ハーフ・アンド・ハーフっぽい中途ハンパが嫌いなんです。

★★★☆☆:キレ抜群のアンバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-, ,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.