家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

ボウモア「ナンバーワン」スモーキーな旨味は失わず、スッキリ飲みやすいアイラウイスキー。

更新日:

bowmore-no1

ウイスキーを飲む人なら必ず耳にするブランドであるボウモア

ボウモアだけではありませんが、ウイスキーもビールと同じようにいつも販売されている商品以外の限定や新商品が出されるようになっています。

ボウモアも私が初めて飲んだときと比較しても数種類は新しい商品が販売されています。

そして今回も新しい商品としてボウモアより販売されたナンバーワンを買ってみました。

bowmore-no12

ナンバーワンの特徴の記載がありました。

ボウモア蒸溜所が所有する貯蔵庫の中でも最も古く、海に近い海抜0メートルに位置する「No.1 Vaults(第一貯蔵庫)」などで熟成させたファーストフィルバーボン樽※原酒を100%使用しました。潮の香りとバニラの香りが際立つ、心地よいスモーキーな味わいが特長です。

製造方法がよくわかっていないので、細かな理解はできませんが、ビールの一番搾りみたいなイメージでしょうかね。

ボウモアのピートが効いた旨味にバーボンの甘みが混じり合ったウイスキーなのでしょう。飲むのが楽しみです。

ボウモア ナンバーワン(Bowmore No1)

bowmore-no13

ボウモアのいつものラベルにNO1の記載があるだけなので、商品棚で選ぶと他の商品と間違えそうです。まー、伝統的なラベルを活かしているので仕方ないですね。

黄金色のボディのウイスキーです。

香り

バーボン樽のバニラ、アイラ特有のスモーキーさが交わって、不思議な感じの香りが広がります。私には不思議と感じましたが、これが美味しそうな香りと感じる人もいることでしょう。

味わいも不思議です。
口あたりが軽いアイラです。スモーキーというよりも、草っぽいと感じます。後味はスパイシーでスモーキーな旨味が残りますが、バニラの甘みも広がり複雑に混じり合います。ただひつこい後味でもないのでスッキリ飲むことができるので本当に不思議です。

価格

酒屋やインターネット販売で750ミリのボトルが4000円ほど。

さいごに

ボウモアを飲むのであれば通常版である12年をまず飲むのがお薦めです。通常版とナンバーワンを比較すると香りや味の違いがまったく異なることがわかります。同時に飲み比べるのが一番いいですが。

★★★☆☆:飲みやすいけど、スモーキーな不思議な味わい

麦伝説 ウイスキー ランキング

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-, ,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.