家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

「知多」は加水したらスパイシーでウッディーな味わいにパワーアップ

更新日:

chita

日本のウイスキーといえばサントリーとニッカが2大巨頭だと思います。もともとは同じ会社でウイスキーを造っていたのが独立した歴史があるので、歴史をたどれば1強です。

サントリーはウイスキーのファンを作るためか、ハイボール戦略をずっと続けていて、NHKドラマのマッサンによるウイスキーブームに完璧に乗っかったと思います。

これまで販売されていた山崎や響などのウイスキー商品が変えざるを得ない(12年物がなくなった)ほどの販売力です。

そんなウイスキーブームの中で登場したのがサントリー・知多です。

chita2

蒸溜所の場所は愛知県です。
私が愛知県に馴染みがないので分かりませんが、あまりウイスキーに環境に適しているイメージが湧きません。トヨタのイメージが強く製造企業が沢山ある想像をしてしまいます。

ボトルの裏ラベルに記載がありますが、知多はとうもろこしを原料としたグレーンウイスキーなのでアメリカのバーボンのような甘い香りが特徴とのこと。

甘い香りに炭酸を入れて、ハイボール。やはりサントリーは美味しいハイボールが作れるウイスキーに仕上げているんですかね?まずはストレート、そして加水して1:1で飲んでみたいと思います。

知多(Chita)

chita3

サントリーのウイスキーラベル、いつもと同じパターンです。海外では漢字表記があったほうが、日本に興味がある外国人は漢字が好きなので受け入れてもらいやすいと思います。

かなり透明度の高い黄金色のボディのウイスキーです。

香り

ほんのりとスパイシーでウッディな香りが広がります。

飲みやすく、ウッディで甘みを感じるウイスキーです。刺激が少ないのでガブ飲みしてしまいそうな危険さです。ウイスキーを飲みはじめた初心者にはお薦めですが、パンチの効いたウイスキーが好きな人には物足りないかもしれません。

シングルモルトですが響のようなマイルドなブレンデッドウイスキーのようです。

加水するとほんのりとスパイシーな香りが増し、味わいも深くなった気がします。なので加水したほうがウッディな味わいが深く広がるので私の好みです。

価格

酒屋やインターネット販売で700ミリのボトルが3500円ほど。

さいごに

ストレートで飲むとマイルド、加水するとスパイシー、なんか不思議なウイスキーでした。私の好みとしては加水してスパイシーでウッディーな味わいを感じるほうが美味しいと感じました。皆さんも色々な飲み方を試すといいかもしれません。

★★★★☆:加水したらパワーアップ

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.