家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

「アーリータイムズ」イエローラベルは安定感抜群のまとまった味わいが楽しめるバーボン。

更新日:

early-times

1860年アメリカでリンカーン大統領が就任した年。ケンタッキー州の商業地、アーリータイムス・ステーションで、バーボン・ウイスキーが生まれたのがアーリータイムズです。

もうアーリータイムズはザ・バーボンと言ってもおかしくない世界中で愛されるバーボンと言ってもいいでしょう。歴史が深く、世界で愛されるバーボンなので、誰が飲んでも美味しいと思う1本です。

アーリータイムズにはイエローラベルとブラウンラベルの2種類があり、今回はイエローラベルを買いました。2つのラベルの違いは原材料の違いです。

・イエローラベルの原料
トウモロコシが79%、ライ麦が11%、大麦モルトが10%

・ブラウンラベルの原料
トウモロコシが72%、ライ麦が18%で、大麦モルトが10%

トウモロコシとライ麦の比率が違うことがわかります。そしてブラウンラベルは日本向けに開発された、日本での限定商品です。

2018年5月現在ではアーリータイムズの日本での販売権は大手ビール会社であるアサヒビールが持っています。なので日本ではコンビニやスーパー、いたるところで目にするのではないでしょうか。

参考アーリータイムズの公式サイトはこちらです(外部サイト)

アーリー タイムス イエローラベル(Early Times yellow)

early-times2

アーリータイムズの発祥地がラベルになっています。西部劇にでてくるような家、そして馬車はインパクトになって見慣れたラベルになっていますね。

黄金色のボディのウイスキーです。

香り

スパイシーでかつ、バニラの香りが広がります。

バーボン独特の甘さを感じるウイスキーです。
口あたりでほんのりとバニラの旨味を感じながらスパイシーな味わい、バーボンならではの美味しさが広がります。後味はサッパリしているのでキレが良いと言っていいと思います。なのでハイボールやストレートで飲んでもひつこくなくて美味しく楽しめます。

価格

ネットや酒屋で250ミリのボトルが500円ほど。

さいごに

やはり定番のバーボンは味が安定しています。ガンガン飲んでしまいそうになるくらい口あたりも柔らかく、後味もスッキリです。次はブラウンラベルとの飲み比べもやってみます。

★★★☆☆:定番のバーボン

麦伝説 ウイスキー ランキング

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.