家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

銀河高原「アメリカンペールエール」ホップの旨味をもっと味わいたい

更新日:

gingakogen-american-pale-ale

銀河高原ビールがヤッホーに買収された・・

日本のクラフトビールの中では老舗だと思っていた銀河高原が他のビール会社とくっつくとは思いもよりませんでした。これまで銀河高原ビールをあまり飲んだことがないのですが、スーパーで必ず見るクラフトのひとつだったので時代の流れとともに変化に対応できなくなったのかなと思ってしまいます。

ニュースでは2社の相乗効果を期待しての買収となっていますが。。

まだ銀河高原ビールとして販売がされているので、銀河高原ビールのなかでもホップをふんだんに使ったアメリカンペールエールを買ってみました。

gingakogen-american-pale-ale2

日本のホップ生産地のひとつに岩手県も入っていました。なので岩手のホップを使ったビールを期待したかったのですが、ホップの中でも繊細で且つ柑橘系の芳香と苦みを持つ北米産”カスケードホップ”をふんだんに使用して造っていました。

アメリカンペールエールがカスケードホップを使うことが前提のようです。あまりホップの種類を理解していないので勉強しないといけません。

アメリカンペールエール以外の銀河高原ビールたち
関連記事ビール酵母入りの地ビール「銀河高原ビール」を飲んで美肌になる。
参考銀河高原ビール(小麦のビール)の公式サイトはこちらです。(外部サイト)

銀河高原 アメリカン ペールエール(Gingakogen American Pale Ale)

gingakogen-american-pale-ale3

銀河高原ビールの可愛らしいロゴにホップの緑を基調にしたお洒落なデザイン缶になっています。文字書体も女性にも受け入れられそうな文字です。

濃い黄金色のボディにキメ細かなフワフワの泡が立ち上がり、美味しそうに見えるビールのシルエットをしています。

香り

思ったよりも薄いホップの香りです。パンチがあるビールではなさそうです。

う~ん、美味しいですがパンチは効いていません。海外のアメリカンペールエールを飲むとふんだんにホップの苦みと旨みをいかしていますが、今回の銀河高原ビールはふんわりとホップの味わいが広がる程度です。少し残念。。

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリの缶が250円ほど。

さいごに

日本のアメリカンペールエールになってしまっていました。海外のアメリカンペールエールやIPAのようにホップの旨味をぞんぶんに活かしたビールを日本国内でも飲みたいと思うファンが作れるはず。癖(ホップの旨味)があるものって、ハマったら抜けれないですし。

★★★☆☆:もっと旨味を求める・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.