家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

お洒落なラベル「へイメーカー」ダークブラウン系のイギリス地ビール

更新日:

Haymaker

今回は、英語の意味は”ノックアウト”になってしまうイギリスビールへイメーカーを買ってみました。なんだかノンビリとした光景をラベルにしたビールだけど、ネーミングは激しい感じです(笑)このギャップがファンには受けるのでしょうか?

ヘイメーカーはイギリスの地ビール(クラフトビール)醸造所であるフックノートンで造られていて、日本では買うことができないビールです。

日本で発見したら、即買いです。

ヘイメーカー以外のフックノートンのビールたち
関連記事お洒落ラベル「トエルブ・デイ」は好みが別れるブラウン系ビール
関連記事超レアビール?イギリスの「フッキー・ゴールド」が心地いい味わい。
参考ヘイメーカーの公式サイトはこちらです(外部サイト・英語版のみ)

ヘイメーカー(haymaker)

Haymaker1

名前のことを考えずにラベルだけに的を絞ると、日本には無い斬新なデザインをしています。女性にも受け入れて貰えそうなデザインをしているので、マーケティングをして販売すれば、もっと広がりそうです。私なんかよりもっとプロが試行錯誤しているでしょうが・・

レンガ色のボディーにふんわりとした泡が立ち上がり、美味しそうなビールのシルエットが完成します。

香り

ほんのり麦の香が広がります。なんだか香りだけで判断すると残念な雰囲気がある。

あれっ!シルエットは美味しそうなのに普通の味わいだ。中途半端なハーフアンドハーフで自分の中で一番許せない種類のビールでした・・残念です。

ヘイメーカーと同じようなハーフ・アンド・ハーフのビールたち
参考スペイン「アンバーエクスポート」ハーフ&ハーフ好きにお薦めビール
参考イケアの「ラガービール」がハーフ・アンド・ハーフ味で美味しい。

価格

東南アジアのスーパーで500ミリのボトルが日本円で750円ほど。
日本では販売されていない超高級ビール(2016年時点)

さいごに

ハーフ・アンド・ハーフのビールが好きな人には口に合うかもしれません。でもせっかく飲むのであれば、黄金色か黒かハッキリと分けて飲みたいです。好みの問題ですが。

★★☆☆☆:私の好みではありません

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.