家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

タイのウイスキー「ホン・トーン」が衝撃的な甘さでマズすぎ!

更新日:

Hongthong

タイに海外移住してから、タイの酒税の高さに負けてスコッチやバーボン系のウイスキーを買う気が起こりません。日本で買う金額の3倍くらいがタイで買うウイスキーの基本価格。輸入ビールも高いけど、アルコール度数が低い分、まだまだ許容範囲の金額で買えるので、どうしてもビール中心となってしまいます。

スコッチやバーボンにこだわらずタイのウイスキーをスーパーやコンビニで見ると価格はかなり安い。しかし、本当に美味しいのかどうか、疑わしい香りがプンプンしています(笑)

タイ人はコーラやファンタ、スプライトで割って飲んでいます。日本人に聞いてもコーラで割らないとまないと飲めたものではないと聞いてます。今回はタイ国内であればどこでも買うことができるホン・トーンを買ってみました。

パッケージをよく読むとブレンデット・スピリッツと書かれています。何をブレンドしているのだろうか?タイ人に聞くとウイスキーだと言いはるが、ホン・トーンは本当にウイスキーなんだろうか?疑わしいです。

ホン・トーン以外のタイ・ビバレッジのお酒
関連記事なぜ甘い?「サンソム」私の口には合わない代表的なタイ・ウイスキー
関連記事なぜ甘い?「サンソム」私の口には合わない代表的なタイ・ウイスキー
参考ホン・トーンの公式サイトはこちらです(外部サイト・外国語版のみ)

ホン・トーン(Hong Thong)

Hongthong1

非常にシンプルにタイのシンボルマークである鳥?が印字されて、商品名が記載されています。このシンボルはタイ国が認めた物にしか付けれないのでタイ国が認めたお酒ということです。それと味は別物ですが。

色だけを見たらウイスキーそのものです。

香り

なんだ甘ったるい香りは?私が知っているウイスキーの香りとは、かなり遠くに位置している。飲む前からこんな嫌悪感になるウイスキーもはじめてだ(笑)

やばい!
まずすぎるぞ。こんなのストレートで飲めたものではないです。特にウイスキーと思って飲んではいけない商品だ。ラム?のようなけだるい甘さが広がります。(2017年追記:公式サイトをよく読んでみると糖蜜と米で造ったラムでした。そりゃ甘いですよね。またタイ人に騙されていました。)

価格

日本では販売がされていないようです(2017年時点)
東南アジアのコンビニで350ミリのボトルが300円ほど。

さいごに

タイで美味しいウイスキーは期待してはいけません。1本飲みきれる自信がない。。。タイには「ホン・トーン」の他に「メコン」と呼ばれるウイスキーもあるけど期待できないので買うことはなさそうです。

★☆☆☆☆:クソマズイ・・・

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.