家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビールブランドをつくる

ビールに使われる代表的な「ホップの種類」まとめ

更新日:

8567334257 bfa0dd45ce c

ホップ。

ビールの味を決めると言っても大げさではないです。

ビールのホップの役割はビールの苦味と香りを生み、ビールの泡持ちを良くします。また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高めます。

ビールの味を決めるホップ。
ホップには様々な種類と産地があり、特徴もそれぞれ違います。どのホップを使うかで「味(苦味)」、「香り」が変わります。

今回は世の中にどんな種類のホップがあるのかまとめてみました。

ホップの種類

ホップは大きく3つにわけることができます。もちろん細かい種類を確認するとキリがないほどのホップが存在しています。

ファインアロマホップ

ファインアロマホップはホップの中では高級種と言われています。香り、苦味はかるく上品な旨味のビールを造るときに使われます。

アロマホップ

アロマホップは香り重視のホップです。日本でも流行っているIPA(インディアン・ペールエール)で使われます。

ビターホップ

ビターホップは苦味重視のホップです。アメリカの苦味が強いエールやスタウト系のビールに使われます。

参考ホップの種類を詳しく知りたいかたはこちら(外部サイト)

ホップの旨味を楽しめるビール

ビールに魔法をかけてくれるホップ。ホップの旨味を存分に楽しむことができるビールは次の2つです。

・IPA(インディアンペール)
・APA(アメリカンペールエール)

私もホップの旨味にハマっているひとりで、IPAはガンガン飲んでいます。当ブログで紹介しているビールの中からホップを感じることができるビールを3つ選びました。

まずは日本のIPAより1本

flying ipa

日本の大手ビール会社から販売されているビールにはあまりホップの旨味を楽しませてくれるビールが少ないと思っています。

ただクラフトまで手を広げるとホップ中毒者にも受け入れられるホップのニガウマさを感じさせてくれるビールもあるのです。

新潟エチゴビールより販売されているフライングIPAです。

エチゴビールは都内のスーパーとかでも手軽に買うことができるクラフトなので、いちど挑戦してみては如何でしょうか。

やっぱりアメリカ産が強い

henry hazesmith

アメリカ・サンディエゴに拠点をおくビール会社であるエールスミス。ビール界のロールスロイスと言われています。

とにかくパンチ力があるホップの旨味(苦味)全開のビールです。もうこれを飲んでから私はホップ中毒者になってしましました(笑)

発見したら即買いです!

さいごに

ビールの旨味を決めるホップ。種類を細かいところまで覚えたいところですが字を読んでも頭に残りません。

ビールを飲みながら少しづつホップの種類も覚えていきましょう。これであなたもホップ中毒です(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビールブランドをつくる
-

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.