家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

ワインのようなアルコール度数「ホーニーベティー」はガブ飲み注意!

投稿日:

orny Betty

私のオーストリアでの旅の思い出といえばビールとソーセージ(ホットドック)が美味しかったことです。「えっ!それはドイツじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが、オーストリアもドイツと同じ食文化で、ビールとソーセージ、あとはジャガイモが料理がたくさんありました。

ヨーロッパの物価の高さに貧乏旅行をしていたので、私の財布ではレストランに毎日入れるほどの資金力がなかったからというのもビールとソーセージだけが思い出になってしまったのかもしれませんが。

今回はオーストリアのグスヴェルク醸造所で造られているビールホーニーベティーを買ってみました。家飲みではオーストリアのビールを初めて買いましたが、あまありオーストリアビールを見かけることも少ないので、世界的にも流通が少ないのかもしれませんね。

ホーニーベティー以外のグスヴェルクビールたち
関連記事「オーストリアン・アンバー」ホップの苦味がビールの旨味を引き出す
関連記事オーストリアのスタウト「ブラック・シープ」がビターチョコのようだ
参考グスヴェルク醸造所の公式サイトはこちらです(外部サイト)

ホーニーベティー(Horny Betty)

orny Betty2

何をモチーフにしたデザインなのか分かりませんが、お洒落なデザインを作ろうとして頑張った感はありますよね。私の好みではありませんが・・

レンガ色のボディにフワフワの泡が立ち上がり、ビールのシルエットは美味しそうに見えます。

香り

ローストとフルーティーさがミックスした香りがふんわり広がります。

うーん、感動は呼ばず普通です。
飲み心地はいいけど、なんだか中途半端な甘さが後味に残ります。なんの甘さか思い出すことができませんが、この甘さがビールをいまいちにさせる要因になっています。アルコール度数が10度ほどあるのでワインと思って飲むのが良いかもしれません。ガブ飲みは注意です。

ホーニーベティー以外のダークブラウン系のビールたち
参考お洒落なラベル「へイメーカー」ダークブラウン系のイギリス地ビール
参考黒ビールが苦手な人へ「サマー・ソルティス」黒へ挑戦する初めの1歩

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが450円ほど。

さいごに

オーストリアは食文化がドイツに似ているので、ビールもドイツビールにかなり似ています。なのでオーストリアのビールにはあまりハズレがないのではないでしょうか。

★★★☆☆:ガブ飲み注意!

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.