家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

カンボジアの黒ビール「キングダム」は不思議なフルーティー風味。

更新日:

Kingdom

バックパッカーで訪問したカンボジアで楽しかった思い出といえば、やっぱりアンコールワットやタ・プロームなどの世界遺産群です。食事はあまり美味しくない(そもそもの素材が熟していないと思う)、フルーツジュースだけは美味しいという、カンボジアの飲食という面に関してはマイナスなイメージしかありません。

今回は、そんなカンボジアのビールキングダム・ダンケルを買ってみました。先入観を先行させてはいけないが、あまり期待ができないのはなぜだろう。やっぱりバックパッカーの時のネガティブな思い出があるからだろうか。

キングダム・ダンケル以外のキングダムのビールたち
関連記事カンボジアの「キングダム」強そうだけど名前負けしたピルスナー。
参考キングダムの公式サイトはこちらです。(外部サイト・英語版のみ)

キングダム ダンケル(Kingdom Dunkel)

Kingdom1

たしかにカンボジアは大自然が広がっていましたが、ラベルは「カンボジアに本当にいるの?」と思わせる動物になっています。またエクスポートクオリティ(輸入用)ビールになっているけど、日本ではカンボジアのビールすら見たことがありません。

漆黒とは言えないが黒色のボディーに泡が立ち上がったシルエットは美味しそうです。/p>

香り

香りはローストの香りはせず少しフルーティーな香り。黒ビールらしからぬ香りをしている。

微妙です。
味も少しフルーティーで、ローストされた味もなく苦味も弱い。なんだか不思議な黒ビールだ。これがカンボジアのクオリティーなのかもしれない。シルエットはアンカービールに似ているかもしれないけど、クオリティの差が激しい。さすがアメリカのアンカービールってことを感じた。

キングダム・ダンケル以外の黒ビールたち
参考アメリカの黒ビール「アンカーポーター」スタウトの起源と言われてる
参考イギリスの「キングゴブリン」は切れ味が抜群な黒ビールで美味い。

価格

海外のスーパーで日本円で240円ほど。
日本では販売がされていません。(2016年時点)

さいごに

カンボジアの商品はけっして美味しいと言えるものではないけど、これからの経済発展によってさらにクオリティーが上がる可能性は秘めているとは思います。今後に期待しましょう。

★★☆☆☆:カンボジアのクオリティー

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.