家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

焼酎を意識?「ベニアカ」赤サツマイモを使った、まろやかビール。

更新日:

Koedobeniaka

私の海外移住先のタイで飲める日本のビールとして”コエドシリーズ”があります。コストパフォマンス的にタイで日本のビールを買うのには抵抗がありますが、日本の地ビールを応援するためにも、私が購入することで少しでも海外ビジネスの貢献できればと思っています(笑)

今回はコエドシリーズの中でもコエド・ベニアカと呼ばれるサツマイモからできている?ビールを買ってみました。

イメージ的に赤色でサツマイモで作られたお酒といえば、赤霧島の焼酎を連想してしまいます。公式サイトで調べてみるとベニアカも薩摩の紅芋を使ったビールでした。なので赤霧島と材料はほぼ同じってことですね。

コエド・ベニアカ以外のコエドビールたち
関連記事世界で認められた「コエドキャラ」フルーティーな味わいの大人ビール
関連記事世界に認められた!日本の地ビール「瑠璃」ホップが効いた上品ビール
参考コエドシロの公式サイトはこちらです。(外部サイト)

コエド 紅赤(koedo beniaka)

Koedobeniaka

コエドシリーズのラベルはどの種類を購入しても基本は同じ。色が違うだけ。海外でも受け入れやすいシンプルなラベルに仕上がっています。

コーラのようなボディーの色にほんのりと泡が立ち上がる。シルエットだけで判断するとあまり美味しくなさそう。

香り

ほんのりとフルーティーな香りが漂います。

う~ん。なんだか薄い味わいです。
日本のビールなのでもっとコクがあってまろやかな感じを期待したけど、サッパリしすぎていて物足りない。ガブ飲みするのには良いかもしれませんが。

参考サントリーから限定販売「パンプキン」ビールが女性の心をグッと掴む
参考日本企業が作っている「レモンビール」は夏にガブ飲みしたい1本。

価格

タイのスーパーでは日本円で500円ほど。
日本では酒屋やインターネット販売で400円ほどです。

さいごに

海外で買う日本のビールなのでしょうがないですが、コストパフォマンスを考えると次また買うことはありません。日本で200円くらいで購入していれば、「こんなもんだろう」って感じで割りきって飲めるとは思いますが。

★★☆☆☆:辛めの採点!

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-, ,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.