家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

ネストビール「ヴァイツェン」が海外でも飲める上質なホワイトビール

投稿日:

nest beer weizen

2014年にタイに海外移住をして日本のビールが少しづつ増えてきています。2014年にはタイで醸造されているアサヒスーパードライがありました。それが今ではキリン一番搾りが飲めます。

またベトナムや日本で醸造した日本のビールがタイに輸入されていたりもします。価格は高いですが大手ですとサッポロビール、そしてクラフトビールまでもが進出をしているのです。

今回は日本のクラフトビールである木内酒造より販売されているネストビール ヴァイツェンをタイで買ってみました。

nest beer weizen2

ボトルの裏ラベルでは英語とタイ語表記になっています。タイのビールを飲む価格の5倍ほどの価格設定になっているので、タイの富裕層や外国人を狙って販売をしていると思います。

ネスト ヴァイツェン(Nest Beer Weizen)

nest beer weizen3

赤フクロウです。ネストビールのロゴとして定着しているので、何も違和感もありません。初めてネストビールを見た人には可愛らしいフクロウのロゴが目についてラベル買いしてしまいそうですね。

白く濁った黄金色のボディに粗目の泡が立ち上がりますが、すぐに消えてしまうので発泡酒のようなシルエットです。

香り

ほんのりとフルーティな香りが広がります。

美味しいですが特徴があまりありません。
クラフトビールといえば何かしらトンがった特徴があるビールが多いですが、万人受けするビールを造ったのか全く感じません。大手ビールのような安定したホワイトビールです。飲みやすく口当たりも軽いですが、後味に残るフルーティな感じも軽いです。

価格

日本の酒屋やインターネット販売では350ミリのボトルが400円ほど。
海外のスーパーでは同じ商品が550円ほどの高級ビールです。

さいごに

海外で日本のクラフトビールを飲むとコストパフォーマンスが非常に悪いです。同じ価格であればドイツやベルギーのビールを買います。特にホワイトビールはドイツやベルギーのビールのクオリティに勝つのは難しいと思います。

★★★☆☆:特徴がありません・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2017 All Rights Reserved.