家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

「オリオンビール」は東南アジアを思い出させるスッキリしたビール

更新日:

orion

毎年のように暑くなっていく日本の夏は異常気象なこと間違いないですね。日中に熱い日差しを受けて、家に帰って冷えたビールを飲む。生活のひとつの楽しみになっています。

東南アジアの田舎を旅しているときに日本より熱い日差しを浴びて、ぬるいビールを出されることもしょっちゅうありました。停電したり、そもそも冷蔵庫が壊れていたり、東南アジアの田舎で常に冷えたビールを飲むことは難しかったけど、美味しく飲めました。旅の雰囲気というのもあるけど、東南アジアのビールは薄い味のが多く、日本の発泡酒にちかいです。

今回は最近コンビニやスーパーでよく見かけるようになった沖縄のビールオリオンドラフトを購入してみました。オリオンビールが私の東南アジアの旅を思い出させてくれるビールでした。そう、薄味ビールなんです。

オリオンビールは日本の大手ビール会社アサヒと協業をしているので、日本各地で飲むことができるようになっている沖縄のクラフトビールです。暑い場所で造られているビールだからこそ、東南アジアを思い出させるのでしょう。

オリオンビール以外のアサヒのビールたち
関連記事アサヒの限定「香りの琥珀」が大人な味のアンバー系ビールだった
関連記事ゴールド缶「ドライプレミアム」キレキレのプレミアムビールで絶品!
参考オリオンビールの公式サイトはこちらです(外部サイト)

オリオンビール

沖縄のオリオンビール工場では、「アサヒスーパードライ」を沖縄向けに造っているんですね。だから逆にアサヒの工場ではオリオンビールが作られて関東圏でもオリオンビールがコンビニやスーパーで販売されているのです。

黄金色のボディーに粗い泡が立ち上がります。シルエットが発泡酒のようです。

香り

あまり麦の香りは広がりません。本当に発泡酒のようです。

暑い場所で造られたビールだから東南アジアの薄味ビールに似ています。コクがあって味わって飲むビールが好きな人にはお薦めできません。また日本のビール特有の”キレ”も感じることはないので、日本ビールをいつも飲んでいる人に物足りなさを感じさせるかもしれません。辛い料理、油が沢山つかわれている料理にはマッチすると思います。

オリオンビール以外のピルスナー系ビールたち
参考ビアホールの味「銀座ライオン」コンビニとコラボした限定ビール。
参考サントリーのコンビニビール「マスターズドリーム」は抜群の安定感。

価格

コンビニやインターネット販売で350ミリの缶が200円ほど。

さいごに

東南アジアで飲むビールに非常に似ているので、東南アジアを思い出したい時に飲むビールとしては最適です。味わいは発泡酒のような薄味なのでビールだけを味わって飲みたい人にはお薦めできません。

★★☆☆☆:発泡酒みたいで。。。

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.