家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

サイダー

ボディーの色が青いぞ!網走の地ビール「流氷ドラフト」珍しさ先行。

投稿日:

hyoryu-draft

日本の地ビール(クラフトビール)の中でも珍しいビールを造っていると思うのが北海道の網走ビールです。以前、ボディーが緑色の知床ドラフトを飲み、私の口に合わず苦い思い出になっています。

今回、もう一度だけ網走ビールの珍しいビールに挑戦してみようと思い買ったのが流氷ドラフトです。もうラベルからも溢れんばかりの珍しさがでていますね(笑)

hyoryu-draft2

原材料を確認してみると長芋が使われていました。芋系のビール(サイダー)は初めて出会いました。焼酎も美味しく造れるのでビールにも美味しい素材になるのでしょうか。

氷流ドラフト以外の網走ビールたち
関連記事こりゃビックリ!北海道の地ビール「知床ドラフト」が緑色だ!
参考氷流ドラフトの公式サイトはこちらです(外部サイト)

流氷ドラフト(Ryuhyo Draft)

hyoryu-draft3

北海道の網走から見る流氷はニュースでしか見たことありませんが、流氷を意識したデザインになっているので商品はわかりやすいです。グラスに注いだときの絵が、買おうと思う人を突き放す気がします。青いボディーって・・

ブルーなボディーだ。もうビールではないですね(笑)

香り

草臭い香りが漂う。なんだか緑の二の舞いになりそうだ。

う~ん。なんだか微妙だ。緑の知床ドラフトと同じく全くビールとは言えないものなので、珍しさが先行しているだけ。なんの味なのか正直わかりません。本当にビールなの?

流氷ドラフト以外の麦を使わないビールたち
参考日本企業が作っている「レモンビール」は夏にガブ飲みしたい1本。
参考サントリーから限定販売「パンプキン」ビールが女性の心をグッと掴む

価格

スーパーやインターネット販売で500ミリのボトルが450円ほど。

さいごに

今回も珍しさを先行して流氷ドラフトを買いましたが、もう網走ビールの色物は買わないです。私の口にはまったく合いませんので・・・

★★☆☆☆:もう買いません

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-サイダー
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.