家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

サッポロ「ブルーカップ」爽やかでダイナミックなベトナム限定ビール

投稿日:

sapporo-blue-cap

日本の大手ビールメーカーは世界のビールシェアの獲得努力、外貨の獲得の努力をすることで、世界中で日本のビールが飲めるように着々と世界で認知度を高めているのではないでしょうか。

私が海外移住をしたタイでもアサヒ、キリンは現地でビールを生産していますし、サッポロや日本のクラフトビール会社はビールを輸出しています。世界で戦える日本のビールが増えると嬉しいです。

今回はベトナムを旅行中に見つけたサッポロのベトナム版ビールブルーカップを買ってみました。

sapporo-blue-cap2

ブルーカップはサッポロがベトナムで初の新ブランドとして造っているビールです。

「BLUE CAP」は、ホップの爽やかな香りを感じられる軽快な味わいに仕上げました。パッケージは、ブランドカラーの青を基調とした、爽やかでダイナミックなイメージを打ち出しています。
サッポロの公式サイトより

缶横のラベルです。まったくベトナム語が読めないのですが、おそらくベトナム語で記載がされていると思います。

サッポロ ブルーカップ(Sapporo Blue Cap)

sapporo-blue-cap3

商品名のとおり青いラベルに仕上がっています。シンプルなデザインのほうが東南アジアでは受け入れられるんでしょうかね。マーケティング結果が気になります。

黄金色のボディに発泡酒のような泡の薄いビールシルエットです。

香り

なんだか甘い香りが広がります。

うわっ!甘いです。
甘い口あたりにビールの麦の味わいが広がります。ベトナム人には受けるビールの味なんでしょうか?美味しさは人によって別れるビールだと思います。私は丸ですが、二重丸ではありません。

価格

日本国内では発売がされていません(2017年時点)
ベトナムで350ミリの缶が60円ほど。

さいごに

ベトナム人の口に合うビールを造ろうとすると日本人の口に合わないビールになるのかもしれません。微妙な甘みが日本のビールのキレとコクを失わせてしまっています。

★★★☆☆:甘みが気になるかも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.