家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

スコッチウイスキーを6つの産地別に個性・特徴まとめ。

更新日:

Scotch whisky drink alcohol glass beverage scotch

スコッチウイスキー

スコッチと聞けば、スコットランドのウイスキーであることは知っている人が多いと思います。

スコッチウイスキーがスコットランド内で産地わけされているのは知っていましたか?

これまで飲んだスコッチを思い出してみましょう。どれを飲んでも特徴的なウイスキーではなかったですか?マイルド、スパイシー、スモーキー、などなど個性があるウイスキーが多いのです。

スコットランド内を6つの産地にわけることによって、それぞれのスコッチの特徴が変わってきます。

今回はスコットランド内の産地によって変わるスコッチウイスキーの特徴をまとめてみました。

スコッチウイスキーの6つの産地

アイラ アイランズ アイリッシュ これ全部ウイスキーの代表的な産地なんです タリスカーのスペシャルコラム

https://talisker-online.jpより

まずはスコットランドを6つの地域にわけてみましょう。

・スペイサイド
・ハイランド
・ローランド
・アイラ
・キャンベルタウン
・アイランズ

この6つの地域に100異常の蒸溜所が存在すると言われています。それぞれエリア特性を活かしたウイスキー造りをしているので、個性豊かなウイスキーが生まれるのです。

スペイサイドの特徴

スコットランド東北部で、スコットランド内で蒸溜所が1番密集しているエリアです。

聞いたことがある有名なスコッチウイスキーが沢山あるので、スコッチウイスキーの基本といえばスペイサイドと言っても過言ではありません。

ウイスキー初心者でも飲みやすい、フルーティーでマイルドな味わいなバランスが取れたウイスキーが多いです。

ハイランドの特徴

スコットランド北部がほぼハイランドです。エリアが広いだけあって様々なウイスキーが存在しています。

当ブログでも1本しか紹介したことがありませんが、香りはスパイシーですが、マイルドな旨味が楽しめるウイスキーでした。

ローランドの特徴

エジンバラ、グラスゴーなど、スコットランド南のエリアです。飲みやすいシングルモルトが多いようですが、まだ当ブログで紹介したウイスキーがありません。

挑戦しなければならないエリアのひとつです。

アイラの特徴

スコットランド西側に位置するアイラ島のウイスキーです。

アイラはスコッチの聖地と言われ、他のウイスキーと比較してもピートを効かせた超個性が強いスモーキーウイスキーばかりです。

私もハマったひとりですが、スモーキーなウイスキーが好きな人には手放せない1本になること間違いなしです。

キャンベルタウンの特徴

アーガイル地方にある小さな港町で3つの蒸溜所があります。

まだ出会ったことがなく、当ブログでも紹介ができていません。マニアックなスコッチ?でしょうか。。

アイランズの特徴

アイラ島をのぞく、スコットランド西側の島々で造られるウイスキーたちになります。やはりウイスキーを造っている島が異なるので、島それぞれの特徴を活かしたウイスキーが生まれます。

マイルドなウイスキーもあれば、スパイシーなウイスキーもあります。好みの1本を見つけるのが難しい産地かもしれません。

さいごに

まだ飲んだことがないスコッチのエリアもありました。私自身もすべてのエリアのスコッチをまずは制覇する必要があります。

いつの日か現地でウイスキーを飲みまくる旅に出る予定ですので、それまでにスコッチのウンチクをさらに吸収しようと思います。

麦伝説 ウイスキー ランキング

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.