家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

「シエラネバダ・ペールエール」イギリスの旨味とアメリカンホップを楽しめる繊細なビール。

更新日:

Sierra Nevada pale ale

アメリカ西海岸。私がいま最も行きたいと思っている旅先です。もちろんビールを飲めるだけ飲んで、観光するのもビール醸造所になるビールを求める旅になります。

今までに飲んだことがないビールに挑戦すれば、するほど飲んだことがないビールに出会います。それなら現地に行ったほうが早いという結論に達しています。

その中でもアメリカ西海岸に私の好きなIPAがメインとなるビール醸造所が集まっているので、ビールを求める旅に出るのであればアメリカと決めています。

今回はアメリカ西海岸のカリフォルニアに醸造所を構えるシエラネバダより販売されているペールエールを買ってみました。

シエラネバダはアメリカのクラフトビール会社の中でも老舗になるのではないでしょうか。

創業者のケン・グロスマンさんは、ビュートコミュニティ大学とカリフォルニア州立大学において、科学と物理学を学んだ後、1979年に自家醸造の麦酒ショップをカリフォルニア州にあるチコの町に開きました。

やはりビールは科学の世界なんですかね。薬剤師、科学者、など調合をする仕事からビールの世界に飛び込んでいる人が多いと思います。

シエラネバダ・ペールエール以外のシエラネバダたち
関連記事「シエラネバダIPA」これぞアメリカのIPAと思えるフルーティーでホップの苦味のコラボ。
参考シエラネバダの公式サイトはこちらです(外部サイト・英語版のみ)

シエラネバダ ペールエール(Sierra Nevada Pale ale)

Sierra Nevada pale ale2

チコという街の近くなんですかね。自然豊かな土地が近くにあるからこそ水が取れ、広大な土地があるアメリカで育った麦とホップがアメリカのビールを支えているんでしょう。

レンガ色のボディにフワフワの泡が立ち上がります。

香り

無臭ではありませんが、あまり香りを感じることがないビールです。

美味しいですが、普通です。
イギリスのエールのような飲み口で、後味にジワリとホップの旨味が広がるエールです。アメリカらしさはホップの苦味、でもパンチが効いているわけではないので特徴が薄いです。これが本来のエールの旨味なのかも。

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリの缶が500円ほど。

さいごに

アメリカのエールにしてはホップの苦味が弱くて、イギリスのエールにちかいビールです。アメリカのビールの旨さに期待するのはホップだけ・・と考えている人には刺激が足りないかもしれません。私も、もっと刺激が必要でした。

★★★☆☆:少し刺激が不足

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.