家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

岩を意味する「シュタインビア」アンバー系のオーストリアビール

投稿日:

steinbier

日本で飲めるオーストリアのビールと言えば、ザルツブルグにあるグスヴェルク醸造所から販売されているビールでしょう。日本人にはあまり馴染みがないビールですが、日本語のフォームページを作ってアピールしています。

輸入代行をしている会社が運営をしている可能性もありますが、日本の家で飲めるオーストリアビールとしてはグスヴェルクが一択になりそうです。今回はグスヴェルク醸造所のシュタインビアを買ってみました。

英語の「ストーン stone」または「ロック rock」に相応する語で、従って原義は「石」または「岩」。

シュタインの意味を調べてみました。”岩”のようなビール?想像ができない商品名になっています。

シュタインビア以外のグスヴェルクビールたち
関連記事オーストリアの「ブラック・ベティー」甘さを感じる黒ラガーを楽しむ
関連記事ワインのようなアルコール度数「ホーニーベティー」はガブ飲み注意!
参考
グスヴェルク醸造所の公式サイトはこちらです(外部サイト)

シュタインビア(Steinbier)

steinbier2

シンプルなデザインをしたラベルですが、配色が綺麗なので好感がもてるラベルに仕上がっています。日本人から見たらアルファベットを使っているとなんでもカッコよく見えてしまうのかもしれません。

レンガ色のボディにフワッとした泡が一瞬立ち上がる。

香り

アンバー系の香りが広がるビールだ。

う~ん。普通のアンバービールです。アンバー系のハーフアンドハーフの味わいがあまり好きじゃないので、微妙な感じがしてしまう。アンバーが好きな人にはオススメができるビールだと思います。まだ舌がオコチャマなんですかね?

シュタインビア以外のアンバー系のビールたち
参考スコットランドの地ビール「ファイブ・エーエム」複雑な味わいを分析
参考ドイツ地ビール会社カンバの「アンバー」ビールが濃厚で美味しさ抜群

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが450円ほど。

さいごに

アンバー系のビールは私の舌レベルが低いのか、ビールの美味しさを感じることが難しいです。ホップやローストされた麦のような分かりやすいビールしか美味しさ判断できないかもしれません。

★★★☆☆:万人受けするアンバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.