家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

ブレンデット最高級「シンジケート58/6」余韻を楽しむウイスキー

更新日:

Syndicate

大親友であるT氏がウイスキーを持って私の海外移住先であるタイに遊びに来てくれました。結婚祝い、2015年の来タイの時にも、素晴らしいウイスキーを持ってきてくれてます。

今回、持ってきてくれたウイスキーがシンジケート 58/6というスコッチのブレンデット。もうラベルを見ただけで美味しそうでヨダレがでます(笑)

「シンジゲート58/6」の名前の由来は”1958年に6人の仲間がつくったスコッチウイスキー”から来ているそうです。6人でシングルモルトのブレンドを考えて作り上げた、仲間あってこそのウイスキーですね。

自分も将来ウイスキーを造るのであれば、ひとりでは100%無理なので皆で作り上げたってことが実感できるようなネーミングやラベルにしたいです。T氏は何も言わさず仲間に加える予定です。

Syndicate1

ブレンドされているシングルモルト、ひとつも知っているメー柄がありませんでした。かなりマニアックなウイスキーだと思うけど、逆に1本1本飲んでみたい。知っているシングルモルトはありますか?

・Tormore(トーモア)
・Dalmore(ダルモア)
・Balblair(バルブレア)
・Tomatin(トマーチン)
・Longmorn(ロングモーン)
・Glenglassaugh(グレングラッサ)
・ Inchgower(インチガワー)
・Glen Grant(グレン・グラント)
・Caperdonich(キャパドニック)
・Dufftown(ダフタウン)
・Glenfarclas(グレンファークラス)
・ Tamnavulin(タムナヴーリン)
・Tomintoul(トミントール)
・Bladnoch(ブラドノック)
・Kinclaith(キンクレイス)
・Inverleven(インヴァーリーヴン)
・Bruichladdich(ブルイックラディ)

このシングルモルトたちを市場で探せばあるのかな?Amazonで検索しましたが1本もヒットしませんでした。シンジゲートを飲めばひとつひとつの味を感じることはないだろうけど、全てのシングルモルトを飲んだってことになるからいいですかね。

シンジケート58/6 (Syndicate 58/6)

Syndicate2

ウイスキーボトルというよりも、どちらかと言えばワインボトルのような雰囲気があります。ラベルとボトルのパッと見ただけで美味しそうな1本だなと感じます。

黄金色のボディーのウイスキーです。

香り

かなりマイルドな香りが広がり、めちゃくちゃ美味しいだろうってことが想像できます。これはマジでやばそうだ!

マジで美味しいっ!うますぎる!
友人から貰っているからお世辞とかではなく、マジで美味しいです。ものすごいマイルドな口あたりでしっかりとしたウイスキーの旨味を楽しめます。ほんのりとスパイシーな感じが後味がアクセントとなっています。

価格

酒屋やインターネット販売で700ミリのボトルが10000円ほど。

さいごに

ブレンデットウイスキーは調合するウイスキーによって化学反応を起こすってことだから、理科(科学)の勉強が必要ですかね(笑)将来的に自分でウイスキーを造りたいと思っているけど、シングルモルトは厳しいがブレンデットはいけるのではと一瞬思いました。実際どうなんだろう?

★★★★☆:これは本当にお薦め

麦伝説 ウイスキー ランキング

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.