家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

ウイスキー樽で熟成された「テネンツ」がスパイシーで美味しい。

更新日:

Tennents

ウイスキーと言えばスコットランドが最初にイメージする国になります。今回発見した「テネンツ」と呼ばれるスコットランドのビールがウイスキー樽で熟成させたビールでした。

私が知らない、見かける機会が少ないだけですが、今までスコットランドのビールに出会う機会が少なかったので、スコットランドのビールを味わえることも楽しみです。やはりスコットランドと言えば、ビールよりウイスキーのイメージが先行してしまいます。

スコットランドのビール達
参考スコットランドのスタウト「ベルヘイヴン・ブラック」が超絶品!
参考「パンクIPA」柑橘系の甘み、ホップの苦味が超マッチして美味しい

ビールはもちろん、ウイスキーも好きな私からしてみると夢のマッチング。かなりテンションが上り、興奮して即買をしてしまいました。ウイスキーとビールが一度に楽しめるような、斬新なビールなのか?それとも斬新すぎて口にはあわないのか?しっかりと味わって評価をしてみます。

テネンツ以外のテネンツビール
関連記事スコットランドの「テネンツ・スタウト」はフルーティーな黒ビール。
参考テネンツの公式サイトはこちらです。(外部サイト・英語版のみ)

テネンツ(Tennent's)

Tennents1

ウイスキーラベルのようなデザインをしたボトルになっているので、いかにもスコットランドを象徴するようなビールです。ラベルからは男臭さを感じるので、女性には受け入れられるビールではなさそうですね。

濃い目の黄金色のボディーに超フワフワの泡が立ち上がります。

香り

甘みがあり、スパイシーな香りが広がります。ビールの香りとはまた少し違う感じです。

おー、斬新!!!
口に含んだ瞬間に感じるスパイシーさがビールというよりもウイスキーな感じがします。また後味に甘さが残るのでなんとも不思議さを感じさせるビールでもあります。

美味しいですが、ビールというよりもカクテルにちかい感覚です。

価格

海外のデパートで日本円で480円ほど。
日本では販売されていません。(2016年時点)

さいごに

期待をしたとおり斬新なビールであったことは間違いありません。ただビールとして評価するには難しい。珍しさはあったけど思ったより普通でした(笑)

★★★☆☆:評価は普通、珍しさはあるけど

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.