家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

日本では飲めない青島ビール「純生」サッパリ薄味のキレがあるビール

更新日:

Chintaojyunsei

日本で1番認知されている中国のビールは青島ビールなのではないでしょうか。台湾に行けば台湾のビールもあるけど、やっぱり青島ビールが売っていましたし。青島は中国を代表するビールであることは間違いないでしょうが、中国国内で圧倒的に消費されているのは、その地域で販売されている地ビールでした。地ビールに日本・世界で飲まれている青島ビールが負けているなんて驚きですね。

今回は中国の雲南省を旅行中に青島純生を買ってみました。日本では3種類の青島ビールが販売されていて「普通」「プレミアム」「スタウト」です。今回の純生は日本では販売されておらず、青島ビールの公式サイトでは紹介されているので、中国では飲めるビールなのでしょう。

青島純生以外の青島ビールたち
関連記事日本では絶対に見ない青島ビール「冰醇」がシリーズの中でも美味しい
参考青島ビールの公式サイトはこちらです。(外部サイト・英語と中国語版のみ)

青島純生(tsingtao Jyunsei)

Chintaojyunsei1

青島ビールのラベルはダサいですが、「青島」の文字を見ると見慣れたビールなので安心感があります。大手ビールメーカーであるが所以の安心感なのでしょう。

黄金色のボディに、超フワフワの泡が立ち上がります。

香り

少しフルーティな香りで、濃い目のコクがビールが期待できる香りです。

あれ、普通です。
かなりキレがあり、サッパリしています。これが純生の意味なのだろうか?香りからはもっとしっかりとしたコクがあるビールかと思ったのに残念でした。アルコール度数は3.1%と低めなので、料理に合わせてビールを飲むのにはキレがあるのでマッチすると思います。

青島ビール以外の中華系のビールたち
参考「台湾ビール」を一挙公開。台北のコンビニで買えるビールたち。
参考中国のアサヒ・スーパードライ「超干」がキレ抜群で食事とマッチ!

価格

中国のお土産店で、日本円で150円ほど。
日本では販売がされていません(2016年時点)

さいごに

中国・雲南省で飲んだビールはアルコール度数が低いのが特徴だったけど、青島は少しだけアルコール度数が高いビールです。日本で飲む青島って5%くらいの度数なので海外の青島仕様にして販売しているようです。

★★★☆☆:まったく普通なビール

中国本土では色々な青島ビールがあるけど、日本では定番の青島が主流。

おすすめ記事

c75b16418a6325f6dfe685f02c7649ce.jpg 1

家で飲むためにビールを買うとき、何か基準を設けて買っていますか?だいたいメーカーであったり、ビールと発泡酒で迷ったり、量 ...

IMG_20160326_170106.jpg 2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2017 AllRights Reserved.