家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

日本では飲めない青島ビール「純生」サッパリ薄味のキレがあるビール

更新日:

Chintaojyunsei

日本で1番認知されている中国のビールは青島ビールなのではないでしょうか。台湾に行けば台湾のビールもあるけど、やっぱり青島ビールが売っていましたし。青島は中国を代表するビールであることは間違いないでしょうが、中国国内で圧倒的に消費されているのは、その地域で販売されている地ビールでした。地ビールに日本・世界で飲まれている青島ビールが負けているなんて驚きですね。

今回は中国の雲南省を旅行中に青島純生を買ってみました。日本では3種類の青島ビールが販売されていて「普通」「プレミアム」「スタウト」です。今回の純生は日本では販売されておらず、青島ビールの公式サイトでは紹介されているので、中国では飲めるビールなのでしょう。

青島純生以外の青島ビールたち
関連記事日本では絶対に見ない青島ビール「冰醇」がシリーズの中でも美味しい
参考青島ビールの公式サイトはこちらです。(外部サイト・英語と中国語版のみ)

青島純生(tsingtao Jyunsei)

Chintaojyunsei1

青島ビールのラベルはダサいですが、「青島」の文字を見ると見慣れたビールなので安心感があります。大手ビールメーカーであるが所以の安心感なのでしょう。

黄金色のボディに、超フワフワの泡が立ち上がります。

香り

少しフルーティな香りで、濃い目のコクがビールが期待できる香りです。

あれ、普通です。
かなりキレがあり、サッパリしています。これが純生の意味なのだろうか?香りからはもっとしっかりとしたコクがあるビールかと思ったのに残念でした。アルコール度数は3.1%と低めなので、料理に合わせてビールを飲むのにはキレがあるのでマッチすると思います。

青島ビール以外の中華系のビールたち
参考「台湾ビール」を一挙公開。台北のコンビニで買えるビールたち。
参考中国のアサヒ・スーパードライ「超干」がキレ抜群で食事とマッチ!

価格

中国のお土産店で、日本円で150円ほど。
日本では販売がされていません(2016年時点)

さいごに

中国・雲南省で飲んだビールはアルコール度数が低いのが特徴だったけど、青島は少しだけアルコール度数が高いビールです。日本で飲む青島って5%くらいの度数なので海外の青島仕様にして販売しているようです。

★★★☆☆:まったく普通なビール

中国本土では色々な青島ビールがあるけど、日本では定番の青島が主流。

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.