家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

オーストラリアNO1シェアのビール「ビクトリアビター」がウマい!

更新日:

Victoriabitter

日本に輸入されているオーストラリア産ビールはフォスターズラガーがよく見るビールだ。それ以外のビールを気にしていないだけかもしれませんが、見たことがない気がします。

でもオーストラリア人に聞くと、オーストラリアの代表的なビールといえば、今回買ってみたビクトリアビター以外考えられないとのことです。

ビクトリアビターの名前の由来は1890年代にビクトリア州のビクトリア・ブルワリー(Victoria Brewery)とよばれる醸造所で醸造されたのが始まりです。いたってシンプルなネーミングです。

今ではビクトリアビターは通称ブイビーと呼ばれはオーストラリア最大のビール醸造所カールトンアンドユナイテットブルワリーズにて醸造され、出荷量はオーストラリア国内の3分の1ほどを占めています。オーストラリアで支配的な地位を築きあげているビールですね。

参考
ビクトリアビターの公式サイトはこちらです(外部サイト・英語版のみ)

ビクトリア ビター(Victoria Bitter)

Victoriabitter1

オーストラリアでのシェアを占めているビールなので、デザインなんか気にもしていないかもしれませんが、超ダサいです(笑)物珍しさで今回は買いましたが、ラベルだけでビールを選択するときにはビクトリアビターを選ぶことはないほどダサいデザインです。

レンガ色のボディーにちかく、日本で秋に流行る赤ビールと色合いは似ています。泡が全く立ち上がらないので発泡酒のようです。

香り

開けた瞬間キャラメルっぽい華やかな香りが漂い、ローストされた麦の香りを感じることもできる。早くビールを飲みたいという気持ちにさせるので味に期待ができます。

かなり飲みやすい!
クセがまったくないので、苦味も薄いです。後味は少しビターチョコのような後味ですが、まったく嫌味がありません。ガブ飲みしてしまいそうなビールなので注意が必要です。

ビクトリアビター以外のラガービールたち
参考タイの地ビール「プーケットビール」炭酸強めでビーチにぴったり!
参考ゆったり、のんびりのラオスの「ビアラオ」が日本のビールと激似!

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが400円ほど。

さいごに

オーストラリアのビールはイギリスの文化が混じっているから期待しましたが、やはりヨーロッパのビールには勝てません!国の歴史が違いますし。

★★★☆☆:暑い国でマッチするラガービール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.