家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

中国ペキンで飲める「燕京ビール」が日本人の口に絶対マッチする!

更新日:

Yanjingbeer

世界一の人口をほこる中国。旅行で中国に何度か行っているけど、中国人のお酒の飲み方の凄さには圧倒されます。ビールよりも焼酎っぽいアルコールが強いお酒を好んでいるように感じましたが、どこの国でも初めの1杯はビールです。中国は人口が多いので、はじめの1杯だけでもビールの消費量もハンパないでしょう。

今回は中国の北京を本拠地にしたビール会社京啤酒股份有限公司から販売されている燕京ビールを買ってみました。燕京ビールは日本では見たことがありませんが、中国ビールの中では上位シェアを占めているビール会社です。

また北京オリンピックの時にはスポンサーをしていたほど、中国では大手企業のひとつになっています。あまり中国系のビールを飲む機会が少ないので、飲み比べが楽しみな1本です。

燕京ビール以外の中国のビールたち
関連記事「台湾ビール」を一挙公開。台北のコンビニで買えるビールたち。
関連記事 日本では飲めない青島ビール「純生」サッパリ薄味のキレがあるビール
参考燕京ビールの公式サイトはこちらです。(中国語サイトのみ)

燕京ビール(Yanjing-Beer)

Yanjingbeer1

同じ漢字文化の国、中国のビールなのでラベルは日本っぽさ(ダサい)感じが漂っています。まったくお洒落なラベルにはなっていないので、日本で輸入販売してもシェアが広がるのは難しいビールです。

黄金色のボディーに泡が立ち上がりますが、すぐに消えてしまいます。発泡酒のようなビールの予感がしてしまいます。

香り

日本のビールとおなじような麦芽の香りが広がります。

なかなか美味しい。
サッパリした味わいの中にほんのりと甘みが残ります。日本のようなホップの苦味を感じることはないけど、東南アジア系のビールと比較したらビールのコクを楽しめます。

価格

今回は海外のデパートで日本円で180円ほど。
日本のインターネット販売で220円ほどです。(2014年時点)

さいごに

中国の料理が好きな日本人には、中国のビールの味もマッチするのは必然ですね。日本の中華料理の店で燕京ビールを販売している店は見たことありませんが、日本の中華料理店でも出せば食事と一緒に美味しく飲めるビールです。

★★★☆☆:中華系ビールは日本人にマッチする

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.