家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール ランキング

ふるさと納税で飲む ノースアイランド ビール 定番商品6本

北海道 札幌にあるノースアイランドビール 2003年よりビール醸造をスタートさせ、今では札幌市内の飲食店ではけっこう普及している札幌のクラフトビールです。まだ東京ではあまり見慣れないビールでしょうか。 醸造者はカナダで修行をしており、恩師からの「ビールは芸術(Beer is Art)」というコンセプトを持ってビールを造っているメーカーです。 このノースアイランドビールですが、基本商品6本セットが販売されています。北海道へ旅行へ行ったり、誰かからプレゼントをされたわけではなく、ノースアイランドビールを仕入れ ...

ReadMore

ビール

ノースアイランド ブラウンエール 海外と日本のビールの特徴をミックスさせたビール。

北海道 札幌のクラフトビールでビールがアートというコンセプトを掲げているノースアイランド。 定番商品が6本あるのですが今回はブラウンエールを飲んでみました。 ブラウンエールは創業社長が1番オススメというコメントを見かけました。製造工程で味の良し悪しが変わりそうなビールの種類なので、美味しく造れているのでしょう。 また2008年インターナショナルビアコンペティションでは銀賞を受賞しているビールでもあり、実力があるビールでした。 北海道という特徴を活かして、寒い場所で飲むビールとしてもブラウンエールでジックリ ...

ReadMore

ビール

ノースアイランド コリアンダーブラック 時間をかけてゆっくりと楽しめる黒ビール

ベタ褒めシリーズ第5回(笑) 北海道 札幌のクラフトであるノースアイランドより販売されている定番6本を飲み進めていますが、今回が5回目です。 今回はコリアンダー ブラックと呼ばれる黒ビールです。ノースアイランドでは定番ビールとしていますが、あまり日本で見かけることがないビールではないでしょうか? まず大手ビール会社は販売しないし、日本人が手を出さなそうです。セットになって販売されている中で1本あるといいアクセントになりますね。 少し変わり種なので、ノースアイランドのビールのベタ褒めもストップか?黒なので時 ...

ReadMore

ビール

ノースアイランド ピルスナー麦の味わいをジックリ楽しめる北海道のビール

北海道の札幌にあるクラフトビール会社、ノースアイランド。 定番商品が6本あって、ここまで3本飲んでいますが、どれも海外ビールのような味わいが強く、ジックリと時間をかけてゆっくりと楽しめるタイプのビールが多いです。 今回は定番商品の中でもピルスナーを飲んでみました。 ピルスナー・・さすがに違いを出すのが難しいビールでしょうか?海外のピルスナーで違いがあると思えるのはウルケルでしょうか。 あまりパッと特徴があるピルスナーを思いつきません。麦伝説(当ブログ)をゆっくりと過去をのぼればあるでしょうが。 関連記事ノ ...

ReadMore

ビール

ノースアイランド スタウト ガツンとした苦味を楽しめる北海道の黒ビール。

北海道 札幌のクラフトビールメーカーであるノースアイランド。 今回は定番商品6本の中でもスタウトを飲んでみました。 ここまでノースアイランドのIPA、ホワイトビールと飲んできましたが、2本とも日本人の口に合わせたビールではなく、海外でも勝負できるジックリとビールを楽しめる海外ビールっぽい感じです。 スタウトにも海外ビールのような味わいを期待してしまいます。公式サイトのコメントを見ると期待できそうな記載がありました。 『ノースアイランドビール スタウト』 は、ロースト麦芽の焙煎香と上面醗酵による香り・コクが ...

ReadMore

ビール

ノースアイランド ヴァイツェンじわっと広がる独特の甘みが楽しめるホワイトビール

ビールをアートということをコンセプトにしている北海道のビール会社であるノースアイランド。 今回は定番6種類のビールの中でもヴァイツェンを飲んでみました。 ヴァイツェンといえば小麦を使ったビールですが、ノースアイランドでは地元の北海道江別産の小麦 「ハルユタカ」 を使用しているようです。 地元で収穫できるものを使ってビールを造れるなんて非常に共感できますね。もし自分がビールを造るとなったら地元の横浜で・・・何か取れるもの・・ 横浜では農作物で有名なものを思いつくのが大変です。地元で造るってことはないのかなー ...

ReadMore

ビール

ノースアイランドIPA イングランドタイプのゆっくりと飲めるIPA

Beer is Art 素晴らしい言葉をビールのコンセプトにして北海道の札幌に醸造所を構えるノースアイランド。 2003年より創業しているので既に15年以上の歴史があるビール会社です。北海道のクラフトといえば、カラフルな色で表現する網走ビールが印象に残っていますが、味わいはイマイチ・・ やはりビールは味で勝負してほしいところ。 今回はノースアイランドの定番商品6つのうちIPAを飲んでみました。6種類ある定番からまずはIPAを選んでしまう、IPAでビールメーカーの美味しさを決めようとするクラフトならではです ...

ReadMore

ビール

シエラネバダ オトラベズ ライム&アガベ 植物を使ってアクセント抜群のカクテルのようなビール。

ビールのスタイルの中にゴーセ(GOSE)と呼ばれるビールがあります。あまり聞き慣れない言葉ですし、当ブログ麦伝説でも初めて紹介する言葉です。 Wikiで次のような紹介がされています。 ゴーゼは、大麦麦芽とホップの他に小麦麦芽も用いて、コリアンダーなどの薬草や大量の塩が加えられる。伝統的なゴーゼにはオート麦が使われることもある。上面発酵であるが、乳酸菌による発酵も行われる。 乳酸菌を含むため、容器の中でも発酵が持続しており、泡立ちが豊か。また、浮遊する酵母のために著しく濁っている。 なにやら小難しい説明です ...

ReadMore

ビール

サッポロ クラシック 1985年から続く北海道限定の生ビール。

北海道限定商品が東京のコンビニやスーパーで買える。ネット販売に頼らなくても、限定商品が普通に買えるのは日本の流通業の強さでしょうかね。 大手ビール会社のサッポロが北海道限定で販売しているサッポロ クラシックを買ってみました。 限定という意味にも色々あるかもしれませんが、サッポロとしては「北海道の気候、食材に合うように北海道のためだけに」造ったビールとのこと。 1985年から北海道限定で造られていたビールのようで、歴史もありますね。これまで東京でも売っていたのでしょうか?存在は知っていましたが、今回はじめて ...

ReadMore

ビール

ソラチエース 伝説と呼ばれる日本産のホップを使ったサッポロのクラフトビール。

大手ビール会社のクラフトビール造り。事業として成り立たせるには売上重視となってしまい、斬新で美味しいビールを造るのは難しいだろうと思っていました。 しかーし、今回飲んでみたサッポロのクラフト事業のInnovative Brewerと呼ばれるブランドで造られたソラチエースが独自路線を走っていて、これぞ大手が造ったビールなのかと思わされました。 そもそもソラチエースは歴史があるホップの品種のことでした。公式サイトにも記載がありました。 「ソラチエース」は、1984年に北海道空知郡上富良野町にあるバイオ研究開発 ...

ReadMore

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.