家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

センドイット 柑橘系のフルーティー、ホップの苦味がアクセントになってアメリカらしいIPA

麦伝説(当ブログ)に初登場のアメリカのワシントン州にあるアイアン・ホース醸造所。 “イノベーション”、 “リスクを負うこと”、そして “信憑性” の3つを信念にして、自分たちが美味しいと思うビールを造っている醸造所です。 歴史を見ると潰れた醸造所を買収して、自分たちのビール工場としているようです。日本にも醸造所を手放したいと思っている人、会社はいるんでしょうかね? コンセプトがしっかりしていない今、ビール工場をいきなり買収するほどファンキーな人間ではないし、投資もできませんが、自分がビール醸造所を持つキッ ...

ReadMore

ビール

フォロー ザ サン レモングラスの香りがビール欲を促すアメリカビール。

アメリカ中西部、そしてカナダに接する北に位置するミネソタ州のミネアポリス。いつものネタながらミネソタのNBAチームのスーパースターしか、ミネソタに縁はありません。 アメリカ・ミネソタで生まれたカールストラウス醸造所。 資源に恵まれたミネソタならではの素晴らしい品質のビールはもちろんのこと、恵まれた資源を生かした地元に向けたチャリティー活動もしていて、大きな地域貢献をしているようです。 具体的なチャリティー内容が見つからなかったので、何をしているのか不明ですが、公式ウェブサイトににもチャリティーに積極的コメ ...

ReadMore

ウイスキー

ブナハーブン12年 フレッシュでマイルドな飲みやすいアイラウイスキー。

ピートが効いていないアイラウイスキーを知っていますか? アイラウイスキーといえばラフロイグやボウモアといった世界で名が知られたスモーキーなウイスキーたちです。 そんなスモーキーなウイスキーを造り続ける土地であるアイラ島で異質な存在なのがブナハーブン蒸溜所です。 ピートをほとんど炊かない製法でつくられたシングルモルトウイスキーで、フレッシュな風味が特徴 ピートをほとんど炊かない製法 アイラ島のウイスキーですよね? ピートをほとんど炊かない アイラのウイスキーにもピートが効いていないウイスキーがあることに驚き ...

ReadMore

ビール

スローモIPA トロピカルフルーツ感が全快のアメリカンIPA

酒屋のビールコーナーで異彩で目立つデザインをしていたスローモIPA。ふざけたデザインですねー。でも目について買ってしまうんですよね。 アメリカのカリフォルニアにあるニーディープと呼ばれる醸造所より販売されているIPAです。 アメリカではいくつかの種類のビールが販売されていますが、日本では2種類しか見たことがありません。まだまだ隠れた存在ですね。 アメリカでの評価はどうなんでしょう?海外のビール評価サイトであるRateBeerではそこそこの評価ですが、アメリカでもそこまで浸透したブランドではなさそうです。 ...

ReadMore

ビール

マンダリンジュースIPA ざ・アメリカを代表するホッピーなビール。

麦伝説に初登場のアメリカ醸造所ニーディープ。 ラスベガスで有名なネバダ州に2010年創業し、委託契約でビールを造っていましたが、2011年カリフォルニア州のリンカーンで自分達のビール造りを本格的にスタートさせたようです。 委託契約でビールを造り続けていてくれたら、私もお願いしたのになー。 2013年にはビール大会にて造っているIPAがゴールドメダルを獲得し、瞬く間にその名は、ホップ大好き人間達の間を駆け抜けたビールです。 そして今回はニーディープより限定販売されていたマンダリンジュースIPAを買ってみまし ...

ReadMore

ウイスキー

バランタイン17年 非常に上品で完成度が高いバランスが取れたウイスキー

世界で有名なブレンデッドウイスキーのひとつバランタイン。 1000円台で買うことができるファイネストもあれば、2万円ほどする30年ものもあったりします。 そして今回は究極のスコッチと呼ばれるバランタイン17年を買ってみました。 1937年に販売されてからモルトウイスキー、グレーンウイスキーともに熟成17年以上のものを40数種使用しています。多彩な原酒を絶妙のバランスで組み合わせたブレンド技術は、バランタインならではですね。 公式サイトにも記載があるのですが、キーモルトは4種類です。 ・スキャパ・ミルトンダ ...

ReadMore

サイダー ビール

ジョリー シャンディー 昭和50年代には日本でも売っていた伝説のカクテルビール。

2018年4月ごろに大手ビールメーカーがこぞって販売していたフルーツを使ったビール。2019年はまったく見ないですね。 海外ではリンゴを使ったシードル、レモンスカッシュとビールを使ったラドラー、ベリー系のビールとフルーツを使ったビールをよく見かけます。 ヨーロッパとかではワイン文化だし、フルーツを使ったお酒に抵抗がないんでしょう。日本でも米、芋、麦など日本で取れる穀物を使ったお酒がありますからね。 今回はシンガポールに行ったときに買ったジョリー シャンディーを飲んでみました。 マレーシアのカールスバーグで ...

ReadMore

ビール

デューク ベイクフォーシアー 苦味が強く濃厚なアメリカ・ミネソタのスタウト

最近のビールの仕入先のひとつであるアンテナアメリカの品川店。駅ビルのアトレの飲食店コーナーに店を構えていますが、いつも人が多くタップビールも缶のビールもガンガン売れています。 店の名前にアメリカという名前があるので、アメリカビール以外はないと思います。常にビールも30本ほど種類が販売されているので、アメリカビールを飲みたい人にはオススメの場所です。 アンテナアメリカ以外では見たことがないビールもたくさんあり、今日ご紹介するデューク ベイクフォーシアー(The Duke Of Bakesfordshire) ...

ReadMore

ビール

僕ビール 君ビール 満天クライマー 食前酒として飲める日本のIPA

日本のビールで最もネーミングに凝っているのはヤッホーブリューイングではないでしょうか? もちろん意味を持ったネーミングなんでしょうが、長い、そしてインパクトが残る、もう消費者も慣れているのでインパクトが残ればマーケティングは成功ですね。 2019年5月21日に新商品として販売された僕ビール 君ビール 満天クライマーを買ってみました。 満天クライマーはアメリカのサンフランシスコで生まれたブリュットIPAと呼ばれる種類として造られています。 通常のIPA造りの一次発酵後に、amyloglucosidase(ア ...

ReadMore

ビール

ABCエクストラスタウト 暑い国でガブ飲みするシンガポールの黒ビール

シンガポールで出会った黒ビール ABCエクストラスタウト。 正直、東南アジアの黒ビールなんて薄くて味わうことができないビールだろう・・・って買うときからネガティブなイメージを持っていました。 イメージ打破をしてもらいたいですが、暑い国で濃厚スタウトを期待するのも違いますね。シンガポールにマッチするスタウトであってくれれば問題ありません。 ABCエクストラスタウトは1931年より造られているビールで、ヨーロッパでビールの賞を受賞したこともあるようです。 今ではシンガポールのシンボル的なビールであるタイガーを ...

ReadMore

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.