家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

象のマークが特徴「チャーン」タイ定番ビールが辛い料理にピッタリ!

更新日:

chan-clasic

タイで有名なビールといえばチャーンビールもしくはシンハービールになります。どちらもタイのビールなのでタイの辛い料理に合いますが、私の個人的な意見としてはチャーン ビールのほうがタイ料理に合うと思っています。

少し古い情報ですが、タイ国内でのビールシェア争いについてWikiで紹介がされています。

1991年にビアタイ社が設立されカールスバーグと提携し、1995年にビア・チャーンを発売した。シンハービールに比べ低価格かつ高アルコールで、国民的ロックバンド、カラバオのリーダー、エート・カラバオがコマーシャルに出演したため人気が出て、シンハービールのシェアを抜き市場の60%を占めるにいたっている。2006年のビール市場でのシェアは49%と約半数を占めている。

チャーンビールには今回買ったゴールド缶チャーン クラシック以外に、シルバーの缶や輸入用のチャーンビールもありましたが、2015年で販売が終了してしまいました。今ではゴールド缶のチャーンクラシックだけが世界で販売されています。

関連記事シルバー缶「チャーン」がドライで後味さっぱりで日本食にもマッチ
関連記事輸入用の「チャーン」が旨味があるコクで後味スッキリなタイビール。
参考チャーンビールの公式サイトはこちら(外部サイト、英語版のみ)

チャーン クラシック(Chan Clasic)

chan-clasic2

チャーンビールの特徴としてはゾウのラベルが使われています。「チャーン」はタイ語で”象”の意味です。ラベルの可愛らしさでもシンハービールよりもチャーンビールのほうが人気がでそうなラベルをしています。

黄金色のボディーにグラスに注ぐときめ細かく真っ白な泡が沸き立つので、シルエットが美味しそうなビールです。

香り

麦の香りが強く、飲みたい気持ちにさせてくれるビールです。

コクがあって美味しい。
東南アジアのビールの中でも後味にコクが残って美味しいです。東南アジアのビールなので、もっとライトな味わいをイメージをしていたけど、しっかりとコクまで楽しめるビールに仕上がっている。

日本のビールにも似てるのでクセなく飲めるビールだと思います。

価格

酒屋やインターネット販売で300円ほど。
東南アジアでは130円ほどで購入ができます。

さいごに

東南アジアのビールは薄味ビールのイメージが強いけど、チャーンビールはしっかりとコクがあってビールの味を楽しめるのでお薦めの1本です。日本の夏にお薦めです。

★★★★☆:暑い日にはピッタリです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすすめ」 「ビール 比較」 「ビール 美味しい」 そして到達したのが当サイト”麦伝説 ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見することができました。 スタウトビールBEST31位:ギネスビール2位:マーフィ ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.