家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

伊豆の国ビール スタウト 濃厚な味わいを楽しむことができる黒ビール。

静岡県のクラフトビール会社である伊豆の国ビール。今回は味の特徴がでやすいスタウトを買ってみました。 伊豆の国ビールはメーカーとしてヨーロッパ系のビールを造っているので、私の思い出のスタウトであるギネスを彷彿させる期待をしてしまいます。 伊豆の国のスタウトは原料の一部に発酵しない糖分を使用することで、しっかりとしたボディーが演出、焙煎されたモルトをふんだんに使用し、炭酸ガスを少し弱めにすることで、より細やかで繊細な泡立ちになるようにしているとのこと。 また熟成期間は50日以上と定められておりじっくりじっくり ...

ReadMore

ウイスキー ランキング

ふるさと納税 長野県 宮田村 マルス信州蒸溜所からウイスキー3本セット

中央アルプス駒ヶ岳山麓にある宮田村 この宮田村にあるのがマルス信州蒸溜所です。長野県にある唯一の蒸溜所でもあり、ウイスキー造りのための自然条件にマッチする最高の場所として設立されています。 もともとは鹿児島で焼酎を造っていた本坊酒造がウイスキーを造りたいという思いからできた蒸溜所で、なんと昭和24年に免許を取得して土地探し、ウイスキー造りと歴史を歩んでいます。 そして日本のウイスキーの歴史に関わるのではないかと思われる出来事がこちらです。 国産ウイスキーの生みの親として知られる故竹鶴政孝氏。当時、24歳だ ...

ReadMore

ウイスキー

ツインアルプス 長野県のアルプス山脈に挟まれたウイスキー。

日本のクラフトウイスキーのひとつであるマルスウイスキー。 長野県のアルプスに挟まれた場所にある蒸溜所ですが、中央アルプスと南アルプスをイメージしたウイスキーがツインアルプスというブレンデッドです。 アルプスに囲まれた場所なので、水が美味しいことは間違いないでしょう。大手飲料メーカーであるサントリーも南アルプスの天然水を出していますし。 そういえば信越地方といえばサントリーの白州もありますね。シングルモルトの白州とブレンデッドのツインアルプスでは物が違いますが、非常に大きなライバルですね。 まー、サントリー ...

ReadMore

ウイスキー

信州 長野県で限定販売されているマルスのブレンデッド ウイスキー

長野県で唯一の蒸溜所であるマルスウイスキーより販売されているブレンデッド信州。長野県限定販売のウイスキーです。 マルスウイスキーの商品は28年は世界のウイスキー大会でも賞をもらったりしていますが、ブレンデッドは熟成年数すら書いていない商品ばかりです。 どちらかというと日本国内ウイスキーとして誰もが飲める大衆ウイスキーを目指しているのでしょうかね?大手国産ウイスキー、そして海外のブレンデッドと同じ土俵で戦うことになると厳しいでしょ・・ 私が心配することではありませんが、なにか特徴的な強みがないと。まーそれが ...

ReadMore

ウイスキー

岩井トラディション 長野県より送るウイスキー創世期を称えるウイスキー。

日本国内のウイスキーメーカーであるマルス。 日本のウイスキー創成期の重要人物である岩井喜一郎さんにウイスキー造りの「いろは」を教えてもらうことができて誕生したウイスキーメーカーでもあります。 そしてマルスのブレンデッドウイスキーのひとつに岩井トラディションがあるのですが、岩井喜一郎さんの功績を讃えるべく、2010年に発売された記念のブレンデッドウイスキー 記念ウイスキーになるほどの岩井さんって何をした人なんですかね? 岩井氏が考案した「岩井式連続蒸溜機(岩井ポットスチル)」は、マルスのウイスキー造りの歴史 ...

ReadMore

ビール

横浜ラガー 濃い口の味わいでエネルギッシュな横浜ビール。

私は生まれは大阪、育ちは横浜、そしていつの間にか横浜での生活が大阪よりも長くなり、横浜が大好きな人になっていました。 海外へ移住する前までは非常に強い横浜愛があり、横浜へのこだわり、住む場所も遊ぶ場所も全てが横浜。可能であれば仕事場も横浜がよかったのですが横浜から東京へ通っていました。 とにかく横浜ラブな人でした。それが海外から日本へ戻ると強いこだわりもなくなり、むしろ東京で働くのであれば都内に住み、通勤ストレスの軽減を第一に考えてしまう、つまらない人になっています。 強烈に横浜好きだった人がいまさら紹介 ...

ReadMore

ビール

リーフマンス グーデンバンド 世界で1番複雑な味と言われるベルギービール。

最近はアメリカのビールに浸っていたので、たまにはヨーロッパ系のビールが飲みたいと思ってビールを仕入れに行きました。 思っているよりも飲んだことがないヨーロッパのビールは少なく、麦伝説(当ブログ)で紹介したビールがほとんどです。 これからのビール仕入れをどうしようかなーっと考えているときに見つけたのがベルギーのリーフマンス醸造所より販売されていたグーデンバンドでした。 どうやらグーデンバンドは世界でもっとも複雑な味わいと言われるビールのようです。 6~8カ月もの間熟成された後、ようやくブレンド・瓶詰めされま ...

ReadMore

ビール

イージーシーズ 「ミモザ」を目指したガブ飲みできるアメリカのビール。

アメリカ カリフォルニアの街サンディエゴを代表するクラフトブリュワリーのバランストポイント。 アメリカ国内ではもちろん、アメリカから海外14カ国へ輸出をしているメーカーでもあり、世界でも有名になってきているビール会社でもあります。 そんなバランストポイントが次に目指したのが、スパークリングワインをオレンジジュースで割ったカクテル「ミモザ」。 ビールでミモザを目指し、ビール1樽当たりオレンジジュースを約2.7kg加え、フランスの白ワイン酵母でドライな果実感にまとめあげたのがイージー シーズ ミモザインスパイ ...

ReadMore

ビール

マーネブリュッセル お洒落ロゴでベルギービールの基本を抑えた1本。

ここ最近はアメリカと日本のビールを中心に飲み続けていたので、久しぶりにヨーロッパのビールを求めてビールを買いに行きました。 でも流行りなのか、アメリカと日本のクラフトばかりが売っていてベルギーやドイツのビールは前に飲んだことがあるビールがほとんどです。 まー、売れるビールを酒屋もスーパーも置きますし、しょうがないですが。 麦伝説で紹介をまだしたことがないビールを求めて買ったのがベルギーのヘットアンケル醸造所より販売されているマーネブリュッセルです。 マーネブリュッセルは「月を消す人」という意味だそうです。 ...

ReadMore

ビール

トータリーチル ヘイジーIPA 濃厚なフルーツとホップのハーモニー。

アメリカ オレゴン州の街ポートランド。私がアメリカへビールの旅をするのであれば、必ず訪れたい街のひとつであります。 好きなビール醸造所があることもポートランドへ行ってみたい理由のひとつですが、街がファンキーなことも旅行者として興味シンシンです。 今回は麦伝説(当ブログ)へ初登場の醸造所ホップワークス アーバンブリュワリー、略称はHUB(Hop Works Urban Brewery)のビールとなります。 HUBは醸造所内の設備から醸造過程、容器など、リサイクル素材を使用している特殊な醸造所です。またこんな ...

ReadMore

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.