家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

飲食店に多く樽があるドイツの「シュナイダーヴァイセ」は複雑な味

投稿日:

schneider weisse

日本でもよくみかけるドイツビールといえば、レーベンブロイ、パウラナー、ベックスなどがあります。これらの特徴としては大手ビール会社が日本で醸造していたり、かなり昔から輸入されていたり、オクトーバーフェスで毎年のように出店されて日本に浸透していると思います。

参考やっぱソーセージと一緒にドイツ「レーベンブロイ」を飲むでしょ!
参考サッカー”バイエルンミュンヘン”提携ビール「パウラナー」美味しい

私が知らなかっただけかもしれませんが、隠れて日本に入り込んでいるドイツビールであるのでシュナイダーヴァイセです。かなり日本の飲食店で飲めるようになっていますし、ボトルも酒屋やネットで買えます。

schneider weisse2

シュナイダーヴァイセのボトルは7種類販売されていました。今回はその中でもオリジナルを買ってみました。シュナイダーヴァイセはバイエルンに醸造所があるのでオクトーバーフェスには参加しているでしょうね。私が今まで知らなかった有名ビールだったと思います。

熟したバナナの風味と、クローブ、ナツメグやナッツの香りがします。フルボディでスパークリングな味わいは非常に調和の取れた仕上げとなっています。1872年の醸造所の創設者のオリジナルレシピに従って醸造されています。

参考シュナイダーヴァイセ・オリジナルの公式サイトはこちらです(外部サイト)

シュナイダーヴァイセ・オリジナル(Schneider Weisse Original)

schneider weisse3

商品名だけが強調されたデザインになっているので、あまりお洒落な感じではありません。他のドイツビールと並べられると購入欲が駆り立てられるデザインになっていないので売れない気がします。

レンガ色のボディにふんわりとした泡が立ち上がります。

香り

ホワイトビールの独特の甘い麦の香が広がります。

ボチボチです。ホワイトビール独特の甘い口あたりに麦のローストされた苦味が後味がほんのりと舌に残ります。この複雑な味わいが特徴ですが、旨味がわかりにくいビールです。

シュナイダーヴァイセ・オリジナル以外のホワイトビールたち
参考「ゾラー ・ツヴィッケル」ドライでソーセージが食べたくなるビール
参考激うま!ドイツの白ビール「クリスタルヴァイツェン」に感激と感謝。

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが500円ほど。

さいごに

旨味が分かりにくいホワイトビールだったので、シュナイダーヴァイセはホワイトビール初心者にはお薦めできません。もっと分かりやすい有名なホワイトビールを最初に飲むことをお薦めします。

★★★☆☆:美味しいが分かりにくい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすすめ」 「ビール 比較」 「ビール 美味しい」 そして到達したのが当サイト”麦伝説 ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見することができました。 スタウトビールBEST31位:ギネスビール2位:マーフィ ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.