家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

ロングモーン15年 じっくりとウイスキーと向き合い語り合う。

2020年3月17日

Longmorn

麦伝説に初登場のシングルモルトのロングモーン

ロングモーンはゲール語で「聖人の場所」という意味です。この地にかつて修道院のチャペルがあったことから、この名前がついたと言われています。

竹鶴さんがスコットランドで最初に修行した場所としても有名です。グラスゴー大学に留学しながら、ウイスキー造りを学びたいと考えた竹鶴さんが、スコットランド各地の蒸留所に修行を申し出る中で許可してくれたのがロングモーンだったんですね。

ロングモーン蒸留所は1994年まで石炭直火炊き蒸留を採用していましたが、改修によってスチーム加熱方式に変更。ただ石炭直火炊きを今でも継承しているのが、竹鶴さんが設立した余市蒸留所なんです。

日本のウイスキーに大きく影響を与えた蒸溜所ですね。

ロングモーンのモルトはシーバスリーガルやローヤルサルートに欠かせないキーモルトにもなっているし、ブレンダーのなかでは有名な1本です。

今回はロングモーンの15年を貰ったので飲んでみました。もう古酒の位置づけで、あまり入手することができないウイスキーのようです。

じっくり味わいます。

ロング モーン15年(Long Morn 15years)

Longmorn2

昔のラベルなので古ぼけていますし、15年が擦り切れてしまっていました。まー、古いんでしょう。

少し濃い目の黄金色のボディのウイスキーです。

香り

なんとなくツンとする香りがあるだけで、無臭ですかね。
ただ水を数的入れるだけで、フルーティで華やかな香りが広がります。これは凄い。

久しぶりにスペイサイドを飲みましたが、奥深い味わいが広がり、かなり美味しいです。甘み、スパイシーな感じ全てがバランスが取れています。

味の分解を試みましたが不可能です(笑)美味しいのは間違いないですが。水を数的入れるだけで、味わいも広がります。かなりマイルドになり、フルーティで奥深い味わいが更に複雑になっています。入れたほうが好みかな〜。

*ロングモーン以外のスペイサイド

バランタイン グレンバーギー15年 超マイルドでバランスが取れたウイスキー。

ブレンデッド・ウイスキーの定番のひとつであるバランタイン。 ブレンデッドなので、様々なウイスキーを混ぜた1本ですが、バランタインのキーモルトなるウイスキーが2018年に限定販売されています。 それがグ ...

価格

いただきものなので不明ですが、ネットで見ると700ミリが30,000円ほど。超たかいーーー

さいごに

値段をウェブで見るまで価格を知りませんでしたが、非常に高額なウイスキーで驚きました。たしかに美味しい、そして手に入らないということでプレミアムになっているんでしょうね。

じっくりとウイスキーと向き合えます

麦伝説 ウイスキー ランキング

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで家で飲んだ世界のビール950本とウイスキー160本をブログで紹介しています。(2020年5月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ウイスキー
-,

Copyright© 麦伝説 , 2020 All Rights Reserved.