家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

志賀高原 ペール・エール 癖がなくジックリとホップの味わいを楽しめるビール。

2019年8月29日

Shigakogen pale ale

長野県のクラフト 志賀高原ビールの定番商品のひとつ、ペール・エールです。公式サイトには面白い紹介コメントがあります。

蕎麦屋にとっての「もりそば」のように、つくり手としても絶対に手抜きが出来ない定番中の定番です。

さすが蕎麦処の長野県、コメントがよもやの蕎麦でイメージをさせるとは。企業のイメージも伝わってきますね。とにかく志賀高原ビールの基本中の基本とまで言い切っているので、ペールエールは自信作品なのでしょう。

やはりクラフトを造る上でエール系のビールを造らないと大手ビール会社との差別化につながらない、造り手も面白くない、などいろいろな要素があります。

基本中の基本がIPAとしているアメリカのクラフトビール会社がたくさんありますが、日本でもIPAを基本にしているビール会社はあるんだろうか?

IPAもエールか・・

志賀高原 ペール・エール(Shigakogen Pale Ale)

Shigakogen pale ale2

ドラゴンのロゴに黄色のラベルです。黄色のボディーがイメージできますね。

少し濃い目の黄金色のボディにフワッとした泡が立ち上がります。

香り

ホップの心地よい香りが広がります。

シンプルな味わいのペールエールで、どちらかというと、アメリカンタイプに近いと思います。ホップの苦味が口に含んだ瞬間からジワリと広がり染み渡ります。ユックリと飲めるビールで、癖もないので飲みやすいですねー

*志賀高原以外のペール・エール

感謝ビール<金> じんわり気持ちが染み渡るバランスが取れたエール。

神奈川県のクラフトビール会社であるサンクトガーレン。 サンクトガーレンといえば夏限定のオレンジ、パイナップルを使ったビールを造っていて、私が海外移住をしているときから飲みたいと思っていたビールでした。 ...

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが400円ほど。

さいごに

さすが蕎麦屋の「もりそば」。定番商品だけあって、癖もなく飲みやすいエール、そしてホップ中毒者でもホップの味わいをじっくり楽しめるビールでした。さすが、もりそば!

癖がなく、じっくり楽しめるエール

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで家で飲んだ世界のビール800本とウイスキー140本をブログで紹介しています。(2019年6月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.