家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

サントリー「アンバーエール」香りが楽しめるビール、がパンチ力不足

更新日:

Amberale

今回はサントリーの限定ビールシリーズ”クラフトセレクト”のアンバーエールを買ってみました。

様々な試みをするサントリーのアグレッシブさが好きですが、ビール愛好者から言わせてもらえるのであればどれも中途半端です。日本人向けに造っているからなのか、パンチが効いていない気がします。

海外のビールメーカーのように主商品を突き詰めて世界で売れるビールを造り、マーケティング戦略を駆使して世界で通用するビールを造ってもらいたいと思います。海外ではサントリーのビールを見たことがありません。まだまだサントリーは日本国内から脱出できておらず、世界のビール会社を買収してもメリットを活かせていない気がします。

Amberale2

アンバーエールの採点が缶の裏ラベルに記載されています。”香りが強い”としているので、甘めのアロマ系の香りが広がることでしょう。あとはコクが重要だと思いますが、普通レベルになっています。

アンバーエール以外のサントリーの限定ビールたち
関連記事サントリー「IPA」が強めの炭酸にホップの苦味が病みつきな仕上り
関連記事サントリー「アンバーエール」香りが楽しめるビール、がパンチ力不足
参考サントリーの限定クラフトビール公式サイトはこちらです。(外部サイト)

アンバーエール サントリー(Amber Ale)

Amberale3

世界に進出しているサントリーですが、自社製品を世界で展開はされていないと思います。クラフトシリーズのデザインであれば海外ウケするとも思いますが、自社ビールを海外展開は難しいと思っているんでしょうかね。

透明感のあるレンガ色のボディーに、ふわりと泡ができあがります。

香り

かなりフルーティでほんのりとホップの香りが漂います。

う~ん、普通だ。
限定という言葉に乗せられてしまい、残念だと思ってしまいました。おいしく飲めますが、限定で造ったビールとしてはコクが薄く、物足りなさを感じてしまいます。海外のアンバーエールのほうがもっとコクがあり、じっくりとビールの味を楽しめます。

海外のアンバー系のビール
参考モレッティにはハズレ無し!「ラ・ロッサ」が最高のアンバー系ビール
参考ゴルフが目印「セントアンドリュー」寒い日に楽しめるアンバーエール

価格

価格はスーパーで350ミリの缶が200円。(2016年時点では販売終了)

さいごに

やはり日本のビールはラガー系かピルスナー系で攻めるのがいいのか、アンバーとかスタウトとかは海外ビールの味に負けていると思います。
日本人好みに作られているといえば、それまでですが・・

★★★☆☆:ふつうです。

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-, ,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.