家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

サントリー「アンバーエール」香りが楽しめるビール、がパンチ力不足

更新日:

Amberale

今回はサントリーの限定ビールシリーズ”クラフトセレクト”のアンバーエールを買ってみました。

様々な試みをするサントリーのアグレッシブさが好きですが、ビール愛好者から言わせてもらえるのであればどれも中途半端です。日本人向けに造っているからなのか、パンチが効いていない気がします。

海外のビールメーカーのように主商品を突き詰めて世界で売れるビールを造り、マーケティング戦略を駆使して世界で通用するビールを造ってもらいたいと思います。海外ではサントリーのビールを見たことがありません。まだまだサントリーは日本国内から脱出できておらず、世界のビール会社を買収してもメリットを活かせていない気がします。

Amberale2

アンバーエールの採点が缶の裏ラベルに記載されています。”香りが強い”としているので、甘めのアロマ系の香りが広がることでしょう。あとはコクが重要だと思いますが、普通レベルになっています。

アンバーエール以外のサントリーの限定ビールたち
関連記事サントリー「IPA」が強めの炭酸にホップの苦味が病みつきな仕上り
関連記事サントリー「アンバーエール」香りが楽しめるビール、がパンチ力不足
参考サントリーの限定クラフトビール公式サイトはこちらです。(外部サイト)

アンバーエール サントリー(Amber Ale)

Amberale3

世界に進出しているサントリーですが、自社製品を世界で展開はされていないと思います。クラフトシリーズのデザインであれば海外ウケするとも思いますが、自社ビールを海外展開は難しいと思っているんでしょうかね。

透明感のあるレンガ色のボディーに、ふわりと泡ができあがります。

香り

かなりフルーティでほんのりとホップの香りが漂います。

う~ん、普通だ。
限定という言葉に乗せられてしまい、残念だと思ってしまいました。おいしく飲めますが、限定で造ったビールとしてはコクが薄く、物足りなさを感じてしまいます。海外のアンバーエールのほうがもっとコクがあり、じっくりとビールの味を楽しめます。

海外のアンバー系のビール
参考モレッティにはハズレ無し!「ラ・ロッサ」が最高のアンバー系ビール
参考ゴルフが目印「セントアンドリュー」寒い日に楽しめるアンバーエール

価格

価格はスーパーで350ミリの缶が200円。(2016年時点では販売終了)

さいごに

やはり日本のビールはラガー系かピルスナー系で攻めるのがいいのか、アンバーとかスタウトとかは海外ビールの味に負けていると思います。
日本人好みに作られているといえば、それまでですが・・

★★★☆☆:ふつうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-, ,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.