家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

最高の旨味を求めて造ったドライプレミアム「豊醸」がアサヒより登場

投稿日:

drypremium-houjyo

いつも言いますが、日本の大手ビール会社の商品開発力はすごいですね。ガンガン新商品が投入され、季節限定や限定醸造など様々な試みを市場へ投入してくれます。ビールファンには良いことですね。

いつまで経っても日本のビールを全部飲み切ることが一生できないので、様々な種類を全部飲みたいと思っている私には迷惑な話ですが・・・

今回は日本の大手ビール会社のアサヒビールより販売されているプレミアムビールドライプレミアム 豊醸を買ってみました。ドライプレミアムシリーズはお歳暮によく使われている商品でもありますので、誰もが美味しいと思えるビールに仕上がっていると思います。

ドライプレミアム豊釀以外のアサヒビールたち
関連記事アサヒの限定「香りの琥珀」が大人な味のアンバー系ビールだった
関連記事限定販売!「ドライプレミアム(贅沢香り)」ホップ3倍のビール。
参考ドライプレミアム豊醸の公式サイトはこちらです(外部サイト)

ドライプレミアム 豊醸(Dry Premium Houjyo)

drypremium-houjyo2

シルバーの缶のイメージが強いアサヒビールですが、プレミアムビールなのでシルバーの反対色であるゴールドを基調にしています。自社ブランドのカラーを捨てているので気合が入っていることが分かります。

日本でよく見るラガービールのボディ、泡は荒くてふんわりと立ち上がります。

香り

期待するほどのアロマは広がりません。

う~ん。あまりリッチさを感じさせるようなビールではありません。前に飲んだドライプレミアムのほうが美味しかったです。アルコールの高さを感じさせないビールだけど、プレミアムにするようなビールではありません。

ドライプレミアム豊釀以外のプレミアムビールたち
参考キリン「一番搾りシングルモルト」旨味、苦味が最高にマッチなビール
参考サッポロ「Nipponピルス」国産原料しか使わないプレミアビール

価格

スーパーやインターネット販売で350ミリの缶が200円ほど。

さいごに

Amazonの口コミ評価は非常に高いビールでしたが、私にはプレミアムを感じさせるビールではなかったということで評価は低いです。”プレミアム”という言葉を使うなら、もっとジックリ楽しませてくれるビールに期待。

★★★☆☆:リッチさは感じません

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.