家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

ノースアイランド ブラウンエール 海外と日本のビールの特徴をミックスさせたビール。

2019年9月17日

Northan island beer brown ale

北海道 札幌のクラフトビールでビールがアートというコンセプトを掲げているノースアイランド

定番商品が6本あるのですが今回はブラウンエールを飲んでみました。

ブラウンエールは創業社長が1番オススメというコメントを見かけました。製造工程で味の良し悪しが変わりそうなビールの種類なので、美味しく造れているのでしょう。

また2008年インターナショナルビアコンペティションでは銀賞を受賞しているビールでもあり、実力があるビールでした。

北海道という特徴を活かして、寒い場所で飲むビールとしてもブラウンエールでジックリと時間をかけて飲めるビールがハマりそうです。

実際にイギリスでもかなりのブラウンエールを飲んでいる人を見ますし、寒い場所で飲むにはマッチするビールのひとつですね。

ノースアイランド ブラウンエール(Northan Island Beer Brown Ale)

Northan island beer brown ale2

ブラウンの色も使われていますが、色の掛け合わせがお洒落なデジアンです。

レンガ色のボディにフワフワな泡が立ち上がります。

香り

カラメルのようなローストされた麦の甘い香りが広がります。

ローストされた麦の甘み、その後に広がる、ホップとの苦味コラボ。このブラウンエールは美味しいです。日本のビールで、このクオリティをだせるとは、海外の味の濃いエール、日本のさっぱりしたキレがあるビール、両方の特徴が楽しめるビールです。

*ノースアイランド以外のブラウンエール

志賀高原 ペール・エール 癖がなくジックリとホップの味わいを楽しめるビール。

長野県のクラフト 志賀高原ビールの定番商品のひとつ、ペール・エールです。公式サイトには面白い紹介コメントがあります。 蕎麦屋にとっての「もりそば」のように、つくり手としても絶対に手抜きが出来ない定番中 ...

価格

インターネット販売で350ミリのボトルが560円ほど。

さいごに

海外と日本のビールのそれぞれの良さを取り入れたビールで、誰が飲んでも美味しいと思えるダークブラウン系のビールです。よくいうとバランスが取れている、悪くいくと特徴がぼんやりしている、そんなエールです。

海外と日本の良いとこ取り

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで家で飲んだ世界のビール800本とウイスキー140本をブログで紹介しています。(2019年6月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ビール
-, ,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.