家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

イギリスの味を表現したロシアの「ペール・エール」が美味しく戴く。

投稿日:

primator-english-pale-ale

100年以上前のロシアとイギリス間で起こっていた戦争のことを考えるとロシアとイギリスは仲があまりよくないイメージがあります。また現代でもロシアとイギリスが協同なんてニュースを聞いたことがありません。実際の国際関係はどうなんでしょう?

ビールの世界では国同士が仲が良い悪い関係なく、既にコラボされていました。今回はロシアのビール会社であるプリマトールのイングリッシュ・ペール・エールを買ってみました。

primator-english-pale-ale2

ロシアのお酒はアルコール度数が強いイメージがありましたが、今回のペールエールは5%です。一般的なアルコール度数です。その他ロシア語で色々書かれていますが理解できませんでした。

プリマトール・イングリッシュ・ペール・エール以外のプリマトールビールたち
関連記事プリマトール「ヴァイツェン」味濃い食事にマッチするロシアビール。
関連記事プリマトール「プレミアム」が癖なく美味しく楽しめるロシアビール。
参考プリマトールの公式サイトはこちらです(外部サイト・外国語版のみ)

プリマトール・イングリッシュ・ペール・エール(Primator English Pale Ale

primator-english-pale-ale3

あまり強調がされているわけではありませんが、イングランドの国旗に文字を入れたように見えます。国際的に問題がある国同士であるならば大変なラベルを作ってしまっています。

ダークブラウンのボディの色に粗目の泡が立ち上がります。ロシアのビールなので色が濃いと先入観からアルコールが強い雰囲気がします。

香り

イギリスのビールにありがちな癖がありそうな味わいのビールの香りが広がります。

美味しいです。
ただイギリスのエールビールにある独特の癖が後味に残ります。この癖がある味わいがだめな人には飲めないビールだと思います。食事と一緒に飲むのではなく、ビールとナッツ系で合わせる、もしくはビールだけで楽しみましょう。

プリマトール・ペールエール以外のエール系のビールたち
参考ベルギーのウルテル「セゾニエール」フルーティな旨味全開で美味しい
参考「ヘーゼルナッツブラウンエール」と言えばオレゴン州のローグビール

価格

東南アジアのデパートで500ミリのボトルが500円ほど。
日本では販売がされていないようです(2016年時点)

さいごに

美味しいですが、イギリスのエールビールをロシアで飲む必要はないと思います。イギリスにはもっと美味しいエールビールがあるので星は控えめにしています。

★★★☆☆:イギリスエールで美味しい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.