家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

志賀高原IPA 日本人の口に合う上品で繊細な味わいのIPA

2019年8月22日

Shiga Kogen IPA

長野県 志賀高原にある玉村本店より発売されている志賀高原ビール

志賀高原ビールの定番商品として販売されているIPAを飲んでみました。どうやら定番商品をとおり越して、看板商品にしているようですね。

公式サイトには「自分たちの飲みたいビール」と記載があるので、玉村本店の愛が込められたビールなのでしょう。

日本のIPAは日本人の口にあうようにホップのパンチを抑え気味のビールが多いですが、クラフトビールの強みを活かしてホップの味わいが強いビールを期待しています。

ホップの刺激が強いのが自分の好みの味なだけですが。

志賀高原 IPA(Shiga Kogen IPA)

Shiga Kogen IPA2

志賀高原ビールの特徴であるドラゴンのロゴが印字されています。ラベルデザインに使われるロゴは他の商品も同じなので、色をしっかり見分けて、商品を選ぶ必要がありますね。

濃い目の黄金色のボディに粗目のフワフワの泡が立ち上がります。

香り

うーん、IPAという商品名がついていますが、ホップの華やかさはなく、なんとなくしか感じません。

アメリカのIPAと比較してはいけないのかもしれませんが、可もなく、不可もなくといった感じです。当たり障りのないホップの苦味、ほんのりとフルーティーな味わいが広がります。日本人の口にあう薄味のIPAといったとこでしょうか。

*志賀高原以外のIPA

僕ビール 君ビール 満天クライマー 食前酒として飲める日本のIPA

日本のビールで最もネーミングに凝っているのはヤッホーブリューイングではないでしょうか? もちろん意味を持ったネーミングなんでしょうが、長い、そしてインパクトが残る、もう消費者も慣れているのでインパクト ...

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが400円ほど。

さいごに

日本人の口に合うIPAを造ったなーという印象でした。やはりアメリカのIPAのようなホップの味わいを全面に押し出したビールを日本で流行らせるのは難しいのかもしれません。

日本人にマッチするIPA

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.