家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

タイで飲む「キリン壱番搾り」は味・質ともに本家と比べるとイマイチ

投稿日:2014年11月8日 更新日:

Kirin1

日本の巨塔、キリンビール。
今回はキリンビールが販売しているキリン 一番搾りを買ってみましたが、実はこれタイランドで買ったキリン 一番搾りなんです。

これがタイで購入した一番搾りの裏ラベルです。タイ語で書かれているので何が書かれているか理解ができませんが、外国で造られていることがわかります。

Kirin2

タイでのキリン一番搾りはフィリピンの大手ビール会社サンミゲル社の工場で造られています。キリンはサンミゲル社の株を20%保持しており、日本でのサンミゲルビールの販売もしています。キリンとサンミゲルはWinWinの関係を築いているのです。

キリン一番搾り以外のキリンビール達
関連記事「キリン一番搾りスタウト」が海外スタウトへの挑戦状を叩きつけた!
関連記事「グランドキリン」上品なホップを使い繊細な美味しさを求めたビール
参考キリン一番搾りの公式サイトはこちらです。(外部サイト)

キリン壱番搾り(Kirin Ichibanshibori)

Kirin

タイで製造がされてもキリン一番搾りのパッケージロゴやデザインに変更はありません。裏ラベルにタイ語表記が追記されているだけです。日本人が海外でキリン一番搾りに出会った時には分かりやすいことでしょう。

少し濃い目のボディーに、ふんわりとした泡が完成します。日本で飲む一番搾りと変わらないシルエットだと思います。

香り

東南アジアのビールと同じ感じで、弱い麦の香りが広がります。

あれれ?
タイのビール、シンハービールのほうがコクがある気がします。確かにキレはありますが、日本の一番搾りにはもっとコクがあるビールだと思います。

少し中途半端な気がするが、ホップが少し効いているのか苦味がいい感じに残るところはさすが日本のビールと感じます。

価格

価格はタイのコンビニで150円ほどです。
日本ではスーパーや酒屋で180円ほどで購入できますので、タイで買う一番搾りは高級商品の位置づけになると思います。

さいごに

日本のビールのクオリティを非常に期待して飲みましたが、タイで飲むタイビールのほうが美味しいと感じてしまいます。やはりサンミゲルに外部委託をして造っているので味が変わってしまっているのでしょうかね。

★★★☆☆:日本品質ではない気がします

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール700本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2018年11月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.