家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

「アロガント・バスタード」最高に美味しいホップの苦味は悪魔の囁き

更新日:

arrogant bastard

ラベルに描かれるトレードマークの怪物などをかたどった彫刻の「ガーゴイル」が特徴のストーン醸造所

私の中ではアメリカクラフトビール界の中でもIPA(インディアン・ペール・エール)を専門で造ってアメリカ国内はもちろん、世界でも高い評判を維持しているビール会社だと思っています。

IPAを専門で造っているイメージがあるストーンよりアロガント バスタードエールと呼ばれるエールビールが販売されていたので買ってみました。

arrogant bastard2

あれれ・・ウェブで調べていると、2015年10月よりアロガント・バスタードシリーズはArrogant Bastard Brewingと呼ばれるStoneとは別のブランドで展開されることとなっていました。

ストーンから独立する形でエールビールを造っているのがアロガント・バスター醸造所のようです。ただロゴが同じガーゴイルを使っていることからも分かりますが、姉妹ブランドとして関係は維持されています。

アロガント・バスタードエール以外のストーンビールたち
関連記事破壊の意味を持つIPA「ルイネーションダブル」はキレ抜群ビール
関連記事フルーティーなストーン「カリベルギーIPA」女性にもお薦めIPA
参考アロガントの公式サイトはこちらです(外部サイト・英語版のみ)

アロガント バスタードエール(Arrogant Bastard)

arrogant bastard3

ストーンと同じガーゴイルを使ったロゴが目を引きます。ジャケ買いしたくなるラベルを作ることも重要ですよね。

濃いレンガ色のボディにふんわりとした泡が立ち上がり、ビールが美味しそうなシルエットが完成します。

香り

バーボン樽の香りからなのかホップの苦味を感じるスパイシーと甘いアロマがまじわっています。

最初の口あたりはスパイシーですが、ホップの苦味、ほのかに感じるバニラ?ぽい甘さが混じり合って美味しいです。さすがIPAを専門に造っている会社から独立しただけあって、ホップの旨味が最高です。

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが700円ほど。

さいごに

ストーン、アロガント、どちらも私の好みのビールなので、いつの日か醸造所に遊びに行きたいと思う会社です。ホップの苦味を最高に引き出したビールを造っている2大巨頭です。

★★★★★:深く味わえるエールビール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2017 All Rights Reserved.