家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

オーストリアのスタウト「ブラック・シープ」がビターチョコのようだ

投稿日:

blacksheep4

今回はオーストリアのスタウトビールブラックシープを買ってみました。ブラックシープはグスヴェルク醸造所で造られているスタウトですが、ドイツ文化にあるオーストリアでスタウトビールは珍しい1本だと思います。

ドイツで飲んだビールの多くがホワイトビール、ラガー系、黒でもサッパリ系が多かったのでスタウトには出会ったことがありません。ドイツ系のスタウトには興味がわきます。

blacksheep2

おそらくドイツ語だと思いますが、まったく読むことができません。お洒落なフォントで説明がありましたので写真におさめてみました。

ブラックシープ以外のグスヴェルクビールたち
関連記事「オーストリアン・アンバー」ホップの苦味がビールの旨味を引き出す
関連記事ワインのようなアルコール度数「ホーニーベティー」はガブ飲み注意!
参考
グスヴェルク醸造所の公式サイトはこちらです(外部サイト)

ブラックシープ(Black Sheep)

blacksheep3

可愛いラベルに仕上がっています。どちらかというと黒ビールが苦手な女性にもスタウトビールを買ってもらえるようなラベルになっています。羊を使ったラベルになるとオーストラリアを思い浮かべてしまいますが、これはオーストリアのビールです。

漆黒のボディにほんのりと控えめな泡が立ち上がります。ボディの色だけを見るとの飲みごたえがありそうです。

香り

心地が良いローストされた麦の香が広がります。

意外と炭酸が強めで、コクがあってビターチョコのような苦味が美味しいです。ポーター系の黒ビールだけどコクがあるのでゆっくりと楽しめるビールです。

ブラック・シープ以外のスタウトビールたち
参考スコットランドの「テネンツ・スタウト」はフルーティーな黒ビール。
参考映画「タイタニック」をモチーフにしたスタウトビールがクソ苦いっ!

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが450円ほど。

さいごに

スタウトという商品名で販売をしていますが、どちらかというとよくあるドイツビールの黒でした。炭酸が強くてビターな苦味を感じさせるポーター系に近いです。

★★★☆☆:チョコのような苦味が美味しい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

1

さまざまなビールを飲み始めるようになったら、こんなキーワードでウェブ検索を始めるのではないでしょうか? 「ビール おすす ...

2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.