家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

「匠の冴」セブン&アイとキリンが共同開発した麦の一番搾りを使ったビール。

更新日:

kirin-takuminosae

くそ・・なぜか手が出てしまう限定商品。

日本の大手ビール会社の戦略と思っていながらも、どうしても買ってしまい飲むことになってしまいます。大手ビール会社のカモですね。

今回はキリンビールがセブン&アイと協業することで生まれたビール匠の冴を買ってみました。

セブン&アイとのコラボなので、商品もセブン&アイ関連でしか買うことができません。たまたま近所のイトーヨーカ堂で見かけて買ってしまいました。

セブン&アイは今回はキリンとの協業ですが、このまえサントリーとの共同開発商品を飲みました。小売業だから1つの指定ビール会社だけと協業ってことはしないんですかね。

kirin-takuminosae2

こんなビールのようです。ウェブサイトに記載がありました。

キリンビール独自の“一番搾り製法”により、純度の高い麦のうまみを引き出しながら、さらに氷点下熟成製法を採用することでビールの余計な雑味を抑えて、商品コンセプトでもある“清澄な味わい”を実現しました。

まー最近はキリンといえばグランドキリンってスペシャルビールばかり飲んでいたので、一番搾りを飲むよい機会です。

匠の冴(Kirin Takuminosae)

kirin-takuminosae3

一番搾りを飲み慣れている人であれば、いつもの缶に少し文字を加えたな程度にしか思わない缶デザイン。いつものキリンってのは意識しているのかも。

黄金色のボディに粗目の泡が立ち上がります。

香り

強い香りが広がるわけではありませんが、馴染みのある香りが広がります。一番搾りと同じ?

飲みやすい大手ビールって感じです。
限定商品である必要はなく、一番搾りでいいんじゃないかと思ってしまいます。普通に美味しく、みんなにも美味しいと思ってもらえる、いつもとおりのキリンビールです。

価格

イトーヨーカドーで350ミリの缶が200円ほど。

さいごに

共同開発する意味あるのだろうか・・あまり味の違いがわからない馬鹿舌と言われてしまうとそれまでですが、あまりにも違いがわからないです。一緒に飲み比べしたわけではありませんが、普通の一番搾りと何も変わりません。

★★★☆☆:いつものキリンです。

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.