家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

中国の「雪花」ビールは日本語で”雪ビール”という意味でした。

更新日:

Yukihana

日本人は漢字が読むことができるから、あるていどビールラベルで何を訴えかけたいか分かる部分がある。たとえば「雪花」というビールを今回は買ってみましたが、日本人にとって”雪”は”雪”、”花”は”花”である。なんとなくだけど雪の花とイメージが湧くけど、漢字が読めない外国人には何も意味が分からず買うことになる。漢字がクールと思う人もいるだろうが。

「雪花」の英語表記を調べたら「Snow」。雪でした。そのまんまだったんですね。雪花は中国ローカル系ビール3大銘柄の1つ (他2つは青島、燕京)中国ではローカル系のビール会社と言われているものの、製造量は1位と言われています。

雪花ビールの生産は中国の19の省にある約60か所の工場で行なわれており、全国ビール生産の約20パーセントを占めているといわれている。

参考日本では飲めない青島ビール「純生」サッパリ薄味のキレがあるビール
参考中国ペキンで飲める「燕京ビール」が日本人の口に絶対マッチする!

雪花”スノー”(snow)

Yukihana1

あいかわらず中国のビールラベルがダサい。見れば見るほど日本のビールラベルよりも断然ダサいと思えてくる。やはり中国語(漢文化)の表示がダサいと思わせてしまうのだろうか?

黄金色のボディーに粗目の泡が立ち上がります。

香り

アルコールの香りが強くいので、癖があるビールなんだろうか?

なかなかうまいぞっ!
ガブ飲みタイプのビールで濃い麦の味(コク)も残ります。缶のパッケージのダサさからは想像ができない美味しいビールです。

雪花以外のラガー系のビールたち
参考中国で飲む輸入ビール「ツボルグ」が日本のビールそっくりで美味しい
参考「台湾ビール」を一挙公開。台北のコンビニで買えるビールたち。

価格

中国のスーパーで350ミリの缶が日本円で60円ほど。
日本では販売がされていません(2016年時点)

さいごに

雪花ビールが中国で製造量が多い理由は、万人にウケるビールだからだと思います。誰が飲んでも普通に楽しめるビール、日本の大手ビールのような中国ビールでした。

★★★☆☆:一応味わえてガブ飲み可能

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2018 All Rights Reserved.