家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ウイスキー

バランタイン17年 非常に上品で完成度が高いバランスが取れたウイスキー

投稿日:2019年7月7日 更新日:

ballantines-17years

世界で有名なブレンデッドウイスキーのひとつバランタイン。

1000円台で買うことができるファイネストもあれば、2万円ほどする30年ものもあったりします。

そして今回は究極のスコッチと呼ばれるバランタイン17年を買ってみました。

1937年に販売されてからモルトウイスキー、グレーンウイスキーともに熟成17年以上のものを40数種使用しています。多彩な原酒を絶妙のバランスで組み合わせたブレンド技術は、バランタインならではですね。

公式サイトにも記載があるのですが、キーモルトは4種類です。

・スキャパ
・ミルトンダフ
・グレンバーギ
・グレントファーズ

スキャパは酒屋でも買えますが、他の蒸留所のウイスキーは飲んだことがありません。キー以外のウイスキーを40種類ですから、ブレンダーの人は本当に神のような舌を持っているんでしょう。

バランタイン17年(Ballantines 17years)

ballantines-17years2

茶褐色のボトルが一般的だった時代に、店頭で目立つように、ボトルはひと目でわかるように緑色にしたようです。

またバランタインの紋章を配置しています。この紋章は、1938年にスコットランド紋章院から認可されたもの。中央の盾には右上から時計回りに、清流、樽、ポットスチル、大麦と、ウイスキーに必要なものが描かれています。

少し濃い目の黄金色のボディのウイスキーです。

香り

かなりマイルドでフルーティな香りが広がります。

うわっ、超マイルドな口あたりからユックリと広がるスパイシーな味わい。水のように飲めてしまう怖さ。。甘みの中で感じるのはバニラと蜂蜜?。ゆくりと追いかけてくるピートのスモーキーさ。余韻も癖がなくマイルドな感じが続きます。

加水するとフルーティな甘みが広がりますが、徐々にスパイシーでドライな味わいが広がってきます。加水しないほうがマイルドで飲みやすいと思います。

*バランタイン以外のブレンデッド

ウエイトローズ8年 アイラとスペイサイドの不思議なブレンドウイスキー。

ウイスキーを販売するお店の戦略・・・ プレミアがつくような(ついている)ウイスキーと抱合せで販売する。今日はまさにお店の抱合せ戦略にハマって買ったウイスキーです。 ウエイトローズ 8年。日本ではイオン ...

価格

Amazonで750ミリのボトルが5000円ほど。

さいごに

5000円のウイスキーの中では非常に上品なウイスキーだと思います。アイラのような自己主張はまったくなく、万人に受け入れられるマイルドなバランスが取れたウイスキーです。

少し刺激がほしければ、ほんのり加水するだけでスパイシーな味わいが生まれるし、飲み方によって色々な顔を見ることができるのもバランタイン17年の特徴です。オススメ!

非常に上品なウイスキー

麦伝説 ウイスキー ランキング

麦伝説で人気No1のウイスキー「ラフロイグ」

正露丸のような香りがするアイラ・ウイスキー。代表的なウイスキーとなるのが「ラフロイグ」です。アイラ・ウイスキー特有のヨード臭が強烈で、非常に強いピート香と混ざり、バーテンダーからは"煙たい(スモーキー)ウイスキー"との異名をとっている有名なウイスキーです。アイラのウイスキーを存分に堪能できるアイラ・ウイスキーとして人気が高いのがラフロイグです。


麦伝説で人気No2のウイスキー「山崎18年」

日本のウイスキーでも絶大な人気を誇る山崎。その中でも「山崎18年」は最高級に美味しいウイスキーです。お酒が好きな人にお祝いするときには最高のプレゼントになること間違いなしです。


麦伝説で人気No3のウイスキー「マッカラン12年」

ウイスキーのロールスロイスと言われる「マッカラン12年」。シングルモルト・ウイスキーの中でも最高なフルーティーな芳香と豊かな口あたりが特徴です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ウイスキー
-,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.