家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

ホンカーズ エール パブの景色が広がるキレあるエールビール。

更新日:

goose-honkers-ale

アメリカ、シカゴのビールメーカーであるグースアイランド

特徴的なのはホップを自家農場で栽培して、ワイン樽を使った熟成方法を導入、最先端の科学を使うなど、新しいビールを生み出し続けているメーカーです。

大手のクラフトビール会社は世界進出。これは日本のクラフトビール会社にも言えることで、世界で認知されれば日本国内で売るよりも世界で売ったほうが販売本数は間違いなく伸びますよね。

私がもし自分でビールを造るというときも日本国内シェアだけでなく最初から世界を狙ったビールを造っていきたいです。

そのためにも世界のビールをガンガン飲んでマーケティング活動しないといけません(笑)

今回はグースアイランドののホンカーズ エールを買ってみました。ビールの特徴が公式サイトで紹介されていました。

創業者ジョン・ホールが、英国のパブを巡り、インスピレーションを受けて完成させた、ブランドの原点と言えるビール。フルーティーなホップのアロマと、モルトの苦味が、絶妙なバランスで、どんなスタイルにも合わせやすい味わいです。

アメリカに行ったことはありますが、ビール目線で旅をしたことがないので、アメリカでイギリスタイプのビールがどのように受け入れられるかわかりません。

イギリスから移民した方もしるでしょうし、そもそもイギリスビールが好きな人もいるので、アメリカでも受け入れられているのでしょう。

ホンカーズ・エール以外のグースアイランドたち
関連記事「グースIPA」ホップの旨味を十分に楽しめる満足度が高いアメリカンIPA
参考グースアイランドの公式サイトはこちらです(外部サイト)

ホンカーズ エール(Goose Honkers ALE)

goose-honkers-ale2

イギリスのパブをイメージしているのか、ビールが弾けるようなロゴに仕上がっています。本当にパブっぽい感じがします。

濃いレンガ色のボディに薄く細かな泡が立ち上がります。

香り

ローストされた麦の香りが広がります。

イギリスの濃いエールを想像していましたが、思ったよりもキレがありライトな感じがします。アメリカの一般的なビールとして販売されているバドワイザーやミラーのようにライトなビールの印象です。インパクトにかけます。

ホンカーズ・エール以外のエールたち

サンピン イージーはアメリカ西海岸が生んだ甘みと苦味の最高なコラボ。

ラグニタス醸造所 またまた麦伝説に初登場の醸造所です。ラグニタスの主力商品はIPAなので、まさに私が好きなビール会社になりそうなブランドです。 ラグニタスのビールたちは、カリフォルニアではスーパーで気 ...

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリのボトルが300円ほど。

さいごに

イギリスのビール・・昔は好きだった気がしますが、今ではIPAのホップの旨味にハマってしまって割り切れなくなっています。かなりIPAのファンになっていることに気づいた1本となります。

イギリスのエールにはイギリスエールの魅力があるはず。しっかりと見極めていきます・・

ラガーのようなライトビール

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール700本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2018年11月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ビール
-, ,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.