家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

タイで飲む「青島ビール」味濃い料理にマッチして飲みやすいラガー。

投稿日:

Pocket

tsingtao-thai

中華料理と一緒に飲むビールにまっさき思い浮かぶのが青島(チンタオ) ビールではないでしょうか?

私が海外移住をしたタイでも中華料理店では青島ビールが必ず飲めるように準備がされています。コンビニでは売っていませんが、スーパーに行けば青島のボトルを買うことができます。

それだけタイに来る中国人の旅行者や移住者が多く、中華料理店の数も多いということでしょうかね。今回はタイの中華料理店で青島ビールを飲んでみました。

tsingtao-thai2

青島ビールは2013年よりビール工場をタイ現地に作り、ビールを年間20万リットル醸造しています。タイを選んだのは東南アジアの気候は1年中ビールを飲む気候に適していること、タイ以外のまわりの東南アジアの新興国やオーストラリアへの輸出が目的のようです。

タイの青島ビールの裏ラベルはタイ語表記になっているので、タイで造られていることがわかりますね。

青島ビール(Tsingtao)

tsingtao-thai3

タイでつくられても、定番の緑色のボトルに緑基調のラベルになっています。世界中でよくみるラベルなので安心感がありますね。

黄金色のボディーに薄めの泡が立ち上がります。発泡酒のように泡が立ち上がってはすぐに消えてしまいます。

香り

これまた発泡酒のような、あまり香りが広がらないビールです。

美味しいです。
ただタイでよくあるタイビールのように味がうすいです。中国で飲む青島ビールは薄くても、もう少しコクがあるように感じます。暑い国で飲めるようにカスタマイズされているのかもしれません。

味の濃い料理が多い中華料理はもちろん、辛くて味の濃い料理が多いタイ料理にもマッチするビールです。

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリの缶が300円ほど。

さいごに

タイで飲む青島ビールは、本国の青島ビールと比較をすると味が薄く感じました。アサヒビールもタイで販売がされていますが、日本のアサヒより味が薄い気がします。どのビールメーカーも海外へ展開するとその土地にあったビールにカスタマイズするんですね。

★★★☆☆:軽いので中華にマッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール500本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2017年7月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

おすすめ記事

c75b16418a6325f6dfe685f02c7649ce.jpg 1

家で飲むためにビールを買うとき、何か基準を設けて買っていますか?だいたいメーカーであったり、ビールと発泡酒で迷ったり、量 ...

IMG_20160326_170106.jpg 2

私が愛してやまないスタウトビール。 ついに皆さんに絶対に自信を持って薦めることができる家で飲めるスタウトビールを3つ発見 ...

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2017 All Rights Reserved.