家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

伊豆の国ビール スタウト 濃厚な味わいを楽しむことができる黒ビール。

2019年11月19日

Izunokuni Stout

静岡県のクラフトビール会社である伊豆の国ビール。今回は味の特徴がでやすいスタウトを買ってみました。

伊豆の国ビールはメーカーとしてヨーロッパ系のビールを造っているので、私の思い出のスタウトであるギネスを彷彿させる期待をしてしまいます。

伊豆の国のスタウトは原料の一部に発酵しない糖分を使用することで、しっかりとしたボディーが演出、焙煎されたモルトをふんだんに使用し、炭酸ガスを少し弱めにすることで、より細やかで繊細な泡立ちになるようにしているとのこと。

また熟成期間は50日以上と定められておりじっくりじっくり熟成している・・ビールの工程だけを聞いているとかなり美味しいビールなんではと期待してしまいます。

缶の原材料に小麦も使われているので、少し甘みをもたせたりするのに使っているんでしょうかね。

スタウトとなると、どうしてもギネスが頭を過るので、過度な期待をしてしまいます。

伊豆の国ビール スタウト(Izunokuni Stout)

Izunokuni Stout2

黄色と黒の色使いで缶が高級な感じがします。ビールの味も同じく高級感があると嬉しいー

少し透明度のある黒のボディがコーラのようですが、きめ細かな泡が立ち上がり美味しそうなシルエットが完成します。

香り

ローストされた麦の甘みがわかる香りが広がります。

ポーターのような味わいです。スタウトと言う概念がよくわからないなー、ギネスのようなスタウトではまったくなく、アメリカのアンカーのようなポーターです。

他のスタウトと比較してしまうと、あれやこれやのスタウトに似ているとなりますが、伊豆の国スタウト単体で十分に楽しめるスタウトです。

味が濃く、後味に広がるローストされた麦の味わいと甘みがバランスよく広がります。さすがヨーロッパを目指して造っているビールです。

*伊豆の国以外のスタウト

ノースアイランド スタウト ガツンとした苦味を楽しめる北海道の黒ビール。

北海道 札幌のクラフトビールメーカーであるノースアイランド。 今回は定番商品6本の中でもスタウトを飲んでみました。 ここまでノースアイランドのIPA、ホワイトビールと飲んできましたが、2本とも日本人の ...

価格

伊豆地方で350ミリの缶が400円ほど。

さいごに

過度な期待を込めて飲み始めてしまいましたが、日本のスタウトとしてはかなり美味しい上位だと思います。なかなか味の濃いスタウトは日本のビール市場では見ないので、日本人の方は逆に飲みにくいと思ってしまう人もいるかもしれません。伊豆でぜひ!

日本で戦えるスタウト

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで家で飲んだ世界のビール800本とウイスキー140本をブログで紹介しています。(2019年6月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.